氷見釣りのすすめ part2

こんにちは!地域おこし協力隊の野口です。最近はだんだんと寒くなって釣りをしに行くのも過酷になりつつありますが、雪が降るまではまだまだ僕の釣りライフは終わりません!
 
それでは氷見釣りライフの始まりです〜。
 
今日は氷見の中で最もメジャーと言える氷見漁港に行きたいと思います!氷見漁港はその名の通り氷見の中で最も大きい漁港で、釣りをするにしてもたくさんの場所があり、手すり付きで子供が入れる場所もあります。まず始めに、湊川河口付近で釣り開始です!
 
class=
もう11月ですが、ご覧の通りめっちゃ天気良いです!うっすら立山も見えていました。
 
class=
投げ釣りでキスでも釣れないかと、こんな感じでエサをつけて投げます!
そして始めること10分…小さいけど反応あり!
釣り上げてみると…
 
class=
かわいいサイズのフグでした〜。もちろん毒があって食べられないのでリリース。その後続けるもフグ、フグ、フグ。
かわいい顔をしていてもだんだん憎たらしくなってきますね。
 
はい、場所移動します。笑
 
class=

漁港の堤防に来ました!さっきと同じように投げ釣りをしていると…
 
どんっ!と確かな手応え、これは期待出来ると釣り上げてみるとっ
(つり上げた瞬間焦って写真とり忘れました…)
 
class=
エソというお魚でした!
細長い体をしており爬虫類のような顔をしています。聞き慣れない魚だと思いますが、僕自身初めて釣ったので詳しく調べてみると、実は練り物の最高級品として市場では関連業者が殆どのエソを買い占めるほどだそうです。
 
早く食べてみたいのでさっそく調理していきます!
 
class=
さばいてみると白くてぷりぷりの身、これは美味しいに違いありません。
今回は塩焼きにしてみました!
 
class=
それではいただきます!
…..
こ、これは美味しい!!癖もなく淡白で絶品です!
ただ身はもっちりとした独特の食感で、これはやはり練り物にするべきだと感じました。笑
とれたてのエソの塩焼きをを食べられるのも釣り人の特権かもしれませんね。
今回は無事釣れておいしい思いもしたので良かったです!
 
次回をお楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA