今年もきました出張の夏! みらいエンジンフェア出展情報

じわじわと夏が迫りくる今日このごろ、みなさまいかがお過ごしでしょうか?
みらいエンジン藤田は庭の草刈りや蚊の来襲で季節の訪れを実感しております…

さて、タイトルの通り、今年も移住フェアのシーズンがやってまいりました。
普段は氷見でみなさまをお待ちする立場ですが、7月は私たちの方から氷見の暮らしをアピールしに出かけてきます。
情報盛りだくさんですので、順番にご紹介しますね。

まずは7/6(土)『暮らす働く富山まるごと相談会2019』。

こちらは県が主催する移住相談会です。
東京・有楽町の東京交通会館で開催され、県内の全市町村担当者がブースを構えます。
タイトルの通り、住まいの相談意外に仕事の相談窓口が設置されているのも特徴!
富山県に移住を検討している首都圏の方にはぜひお越しいただきたいイベントです。

続いて7/27(土)『おいでや!いなか暮らしフェア2019』。

こちらは大阪開催の移住フェア。
全国の自治体が集まるフェアですが、氷見市もブースを出展させていただきます。
移住先について、まだまだ決めきれいていないという方も、氷見・富山の話をがっつり聞きたいという方も、関西にお住まいの方はこの機会をお見逃しなく!

そして、みらいエンジンの夏はこれだけではありません。
「ふるさとワーキングホリデー」の合同説明会も、東京・大阪に参加させていただきます!

東京は7/21(土)ガーデンシティ渋谷ホール4Aにて、大阪は27(土)TKPガーデンシティ大阪梅田バンケット4Aにて、双方13時半オープン/14時スタートとなります。
氷見市が出店するのは上記2日程ですが、説明会自体は他日程もございますので、まずどのようなものか知りたいという方は予定の合うタイミングで参加してみてくださいませ。

総務省|ふるさとワーキングホリデー ポータルサイト ふるさとワーホリ説明会情報

ふるさとワーキングホリデーは、学生の参加が目立ちますが、移住へのステップとしてとても有意義な制度となっています。
2週間から1ヶ月という旅行より少し長い期間暮らすように滞在することで、地域の様子をよりリアルに体験できますし、仕事を通じて氷見の「人」と深くつきあうことができます。
滞在中には交流プログラムもご用意しますので、移住先を探す中でその地域が自分に合っているかを確かめるにはもってこいです。
氷見市での募集は特設ページもございますので、気になった方は是非そちらを御覧ください!

以上、4つのイベントの告知でした!
東京・大阪での新しい出会いに期待しつつ、みなさまに氷見の魅力を知っていただけるよう精一杯の準備をして
まいります。
それでは、東京・大阪でお会いしましょう!

投稿者: 藤田智彦

1987年、千葉県柏市生まれ。明治大学で経済学を専攻するも本と音楽に溺れ、生き方や幸福について考える日々を過ごす。卒業後通信機器営業の職を経て、まちづくりの道に進むことを決意し氷見市地域おこし協力隊として2015年にIターン。協力隊の任期中は移住施策や中心市街地活性に携わり、商店街でのマルシェイベントなどを企画。任期を終えた2018年春より、引き続き氷見の魅力的なまちづくりを生業にするべくみらいエンジンに入所。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA