【加納】少人数世帯にぴったり!コンパクトな平屋賃貸

氷見には能越自動車道という高速道路が通っています。
石川県輪島市から氷見・高岡を経由して小矢部までを繋ぐこの高速道路は現在、小矢部東IC~石川方面が無料区間となっているため、氷見市民目線だと南北かなりの区間を無料で走ることができ、通勤・行楽などに大変便利です。
市内には4つのICがありますが、今回ご紹介する物件はそのうちの「氷見北IC」のすぐ近くとなります。

国道165から1本入った通りにあるこちらの物件。
周辺は新しいお家もちらほらとみえる住宅地ですが、もともとは田んぼが広がっていたエリアであり、物件の目の前にも水田があります。
その向こう側には北部中学校や工場が見えるのどかな風景となっています。
工場はあるもののそれなりに距離もありますのでうるさくて仕方ないということはないかと思います。実際私が物件を訪ねた際には音を感じることもありませんでした。

玄関を入るとキレイなフローリング。リフォームがはいったばかりのようでピカピカですね。
ほどよい広さがあって使いやすそうです。

すぐ左手は外観画像からも確認できる車庫。棚などもあって収納スペースは大容量です。
富山で生活する以上スタッドレスタイヤは必要不可欠ですので、タイヤを保管しておける車庫があるというのはとてもありがたいですね。

車庫へ繋がる扉の隣はトイレ。少し時代を感じますが便座は新しくリフォームされています。

メインの居室は和室3つの続き間。
スペースは十分ですがこちらしか居室がないので、大人数には向きません。
逆に、単身の方、ご夫婦のみでの居住、あるいは小さなお子さんのいる世帯にはぴったりです!

キッチン・ダイニングは広々としていて使い勝手が良さそう!
和室のスペースが限られている分、こちらのスペースをリビングとしても使うなど工夫をしてみるとよいかもしれません。

いかがでしたでしょうか。氷見のお家は大きなものが多いですのでコンパクトな賃貸物件は貴重。気になる方は是非お早めにお声かけください!

投稿者: 藤田智彦

1987年、千葉県柏市生まれ。明治大学で経済学を専攻するも本と音楽に溺れ、生き方や幸福について考える日々を過ごす。卒業後通信機器営業の職を経て、まちづくりの道に進むことを決意し氷見市地域おこし協力隊として2015年にIターン。協力隊の任期中は移住施策や中心市街地活性に携わり、商店街でのマルシェイベントなどを企画。任期を終えた2018年春より、引き続き氷見の魅力的なまちづくりを生業にするべくみらいエンジンに入所。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA