【阿尾】風情ある日本家屋で庭仕事を楽しむ

氷見市阿尾地区…というとまず思い浮かぶのは阿尾城跡。氷見の風景を写した写真をみていると結構な割合でみかける場所です。

氷見のまちから北の海岸線を眺めると目に入る白い崖が特徴的なこちらが阿尾城跡。
断崖絶壁の上に築城された平山城は、築城時期は不明ですが15世紀後半には城として使われていたようです。『花の慶次』で有名な前田慶次郎が入場したという記録もある戦国ロマンあふれるスポットです。
阿尾城跡阿尾の獅子舞については過去記事に詳しくレポートされていますので参考に御覧ください!

さて、そんな阿尾地区の山手側にあるのが今回ご紹介する物件。
阿尾城跡のある海岸から国道を渡ってすぐ、海峰小学校を過ぎたあたりです。

物件のある通りを出たところから海方向を眺めるとこんな様子。
海岸線は見えませんが天気次第では立山の稜線が見える立地です。

さて、物件の中を見ていきましょう!

氷見でよくみられる伝統的なスタイルの民家です。
空いていた時期が長いためか各所に痛みがみられますが、構造はしっかりしている印象です。
購入してそのまま生活をスタートするのは難しいと思われますのでリフォームは必須。物件自体はお手頃な価格になっていますので、そこにリフォームの予算を加えてご検討いただくとよいでしょう。

水回りの様子がこちら。
こちらも必要に応じてリフォームが必要です。
全体として残置物が多く見られますが、こちらは引き渡し前に大家さんの負担で撤去いただけるそうですので心配ありません。
修繕の必要があることは、裏を返せば自分たちらしくリフォームする余白があるということ。
予算と相談にはなりますが、理想の暮らしにあわせて考える楽しみがあります。
氷見市には購入物件のリフォームに対する補助金もありますので、ご検討の際はぜひご相談ください。

そして、こちらの物件の特徴は実は建物の外にあります。

広ーい庭!
敷地の隅にあるのは薪を置く小屋でしょうか。瓦屋根になっていて目を引きます。

こちらは敷地を横からみた図。
建物の横にも広いスペースがあります。
今は草が生い茂っていますが、綺麗に手入れをすることで印象が大きく変わりそう。
庭いじりが好きな人にはたまらない物件なのではないでしょうか。

以上、阿尾の物件をご紹介しました。
気になった方は是非ご連絡いただいた上で、一度物件をご覧になってみてくださいませ!!

投稿者: 藤田智彦

1987年、千葉県柏市生まれ。明治大学で経済学を専攻するも本と音楽に溺れ、生き方や幸福について考える日々を過ごす。卒業後通信機器営業の職を経て、まちづくりの道に進むことを決意し氷見市地域おこし協力隊として2015年にIターン。協力隊の任期中は移住施策や中心市街地活性に携わり、商店街でのマルシェイベントなどを企画。任期を終えた2018年春より、引き続き氷見の魅力的なまちづくりを生業にするべくみらいエンジンに入所。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA