自分らしい暮らし方

移住を検討している方の中には、住む場所や暮らし方だけでなく、働き方も含めた生き方を変えたいという方も多いのではないでしょうか。

見習い相談員の岸本です。

実際に私がUターンで戻って来る前、地下鉄に揺られて出勤し、残業して帰ってきてなんとなく食事をして、翌日の仕事に備えて寝るといったような日々の繰り返しでした。そんな日々の過ごし方をやめて、もっと心に余裕が出来るような、家賃の為の仕事ではなく自分の人生のための仕事がしたい!と思いました。

そんな風に、移住をきっかけに職種だけでなく働き方もがらりと変えて、氷見でのびのびと自分らしい生き方をしている方にお会いする機会がよくあります。

先日、ご紹介した林知成さんもその一人。
そして、今回はもう一人、氷見でイラストレーターのお仕事をしているハヤカワさんをご紹介します。

ハヤカワさんは、京都嵯峨芸術大学短期大学部 卒業後、京都の企業にて就職されたのちに帰郷。現在は県内でイラストレーターとして活動されています。
主に不透明水彩と色鉛筆を使い、手書きで描く事を強みとして描かれたイラストは、独特の色遣いと繊細なグラデーション、原色や蛍光色の中に差し込まれる淡色のバランスが見事です。

氷見のモチーフを描かれる事も多く、こちらは氷見の獅子舞をイメージして描かれた作品。そして、

こちらは氷見名物、鰤しゃぶをイメージしたイラスト作品。

氷見市内でイラストのお仕事だけで生計を立てられているのかと思いきや、「好きな事、得意なことを幾つか仕事にしている」のだとか。

これを聞いて、ふと思い出したことがありました。
一昨年開催した『小さな仕事づくり塾』で、講師の山口先生が、一個の仕事だけで収入を得るのではなく、いくつかの小さな副業で少しずつ収入を得るやり方を紹介していました。

ハヤカワさんは京都の大学を卒業後、企業に就職されましたが、氷見に帰郷後、仕事を始めるにあたって「どこか一か所に腰を据えて働くというのは自分には向いてない」と気付いたそうです。
どこかの企業に正社員として入る事が一番効率が良いと分かっていながらも、やはり自分の好きな場所で好きな事を仕事に繋げ、楽しく生きたいという想いが強かったのだとか。

ハヤカワさんが更新しているブログの中で、こんな言葉がありました。
『端から見たらかなり中途半端な人間に見えると思いますが、良く言い換えれば、好奇心旺盛(ポジティブ)で、何事にも興味を持てて、誰とでも話を合わせることが出来る。このことを活かして、イベントで似顔絵を描く出張仕事や、人生相談受ける仕事も始めました。得意なことをし続けたら仕事になっていきました』

得意なことをし続ける。
たぶんそれって、一見とっても簡単なように見えて、実際はすごく難しい事だと思います。
趣味の範囲だと、自分の好きな時に好きなタイミングで好きな分だけやるので、やっていない期間がけっこうあったりするのですよね。
仕事に結びつくまでやり続けるというのは、何気に大変なことかと思います。
ただ、先日の林知成さんのインタビューでもあったように、「氷見は人の情がとても温かいから、ご縁がご縁を呼び仕事に繋がっていく」という事が、今、市内の色んな場所で巻き起こっているのだと感じました。

パソコンひとつで場所を選ばずに仕事ができる時代になり、海の傍でも、山の中でも好きな仕事で自由に時間を使いながら生活をする方が全国で増えているように感じます。もちろん、氷見でも例外ではありません。
彼らと接していると、生き方を自由に設計しているという表現がぴったりだと感じます。
また、仕事はそれぞれ個人個人でも、同じような考え方、暮らし方をしている仲間が身近にいると感じるのはとても心強いですよね。

住む場所を変えることは、自分らしく生きることに繋がる。
そんな大切な事に気付かされた気がしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA