氷見愛知東京氷見

 

「東京の●●に勤めることになった。」

 

卒業をひかえた残りわずかな大学生活。
就職先に選んだのは、地元でも大学生活を送った愛知でもなく、東京だった。

 

両親としては、やはり地元にかえってきてほしかったようで、残念そうな姿。
それでも、憧れた東京へ…地方出身者のベタな思考がそこにはあった。

 

10年近くの時間が過ぎ、現在、私は地元である氷見に住んでいる。いわゆるUターンをした。

 

東京の生活が決して嫌だったわけではない。むしろ、今考えても便利で刺激が多くておしゃれで楽しい生活だったと思う。
それでも、今選んで住んでいるのは氷見。生まれてから、高校まで育った地元である。

 

自然が美しいから、食べ物がおいしいから……。

 

地元に戻ったのは正直そんな理由ではないと思っている。
確かにそれは、地元である氷見の大きな魅力であるが、私は“つながり”を求めていたように思う。

 

友達やご近所さん、職場仲間。

 

それぞれ東京にもあるものだが、氷見のそれとは違う気がしていたのだ。
地元だからというのもあるだろう。だが、それを差し引いても都心とは違う氷見らしい人間関係があるように思う。

 

 

氷見愛知東京氷見。

 

私が今まで住んだまち。

 

愛知には大好きな友達がいてすごく良いところだし、東京もすばらしいまちだ。
だけど、氷見はたぶん最後の住んだまちになると思う。

 

文・写真:K

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA