元「まちのタマル場」 洒落っ気たっぷりの町家

「まちのタマル場」というのは、こちらの氷見市空き家情報バンク物件記事を担当している「氷見市IJU応援センター みらいエンジン」のオフィスです。
みらいエンジンは2016年の発足以来、この町家物件をオフィスにして活動してきました。
移住希望者さんが最初に訪れることになるオフィスを、漁師町・氷見の建築様式としては代表的な「町家」にしよう!という発想です。

と、実際にみていただくと、手前味噌ですがこれがなかなかによい空間でして……「ここに住みたい!」といっていただけることも少なくありませんでした。
それがきっかけという訳ではありませんが、今回みらいエンジンがオフィス移転と相成りましたので、こちらの物件を再度賃貸として登録することに。
この物件の良さを誰よりも実感してした私達だからこそ、自信を持っておすすめしていきたいと思います!

さて、まずは玄関。

広々とした土間のスペースは自転車などの収納にぴったりです。
空間に映える緑を飾るのもGOODですね。

一階には格子戸に面した間から、3つ続きの和室。

特徴はその中央の部屋。
ここだけ吹き抜けになっており、両側には2階の部屋がみえます。
このような構造は他の氷見の町家には珍しいもので、この物件最大の特徴になっています。
こちらのスペースは戸を取り払うと大広間として活用できます。
「まちのタマル場」時代はここでヨガなどのイベントや、大人数での交流会を開催したりと大活躍でした。
もちろん居室としても使えますが、来客用のスペースとして活用されるとよいかと思います。

和室から続く奥の部屋は庭に面してとても明るい洋室になっています。
フローリングとして使われているのは無垢の氷見杉。
杉は柔らかく傷つきやすいのですが、無垢ならではのあたたかさが魅力です。
裸足で過ごしたくなるその肌触りを是非体感してみてください。

こちらは事務所として利用していたスペースですが、隣がキッチンということもありダイニングスペースとしての利用が想定されます。

奥に広がる庭もこの物件の大きな特徴。
氷見の町家では、明かりを入れるために坪庭という小さな庭を作り、それをコの字型の建物が囲っているのが一般的です。
ところが、この物件では庭を広く取り、物件はL字型。
庭に植えられた木々や置かれた石をみても、洒落た方が住まいされていたんだなあと実感できます。

キッチンは広々として、窓も多く明るい印象。
大きなシンクはとても使い勝手がいいので、料理好きにはうれしいポイントです。

奥にはお風呂。
こちらは3年ほど前にリフォームされており、とてもキレイで明るく清潔な印象。
タイルの色合いもかわいい素敵な空間です。

2階にあがるとまず注目は廊下。
こちらのフローリングも氷見杉を使用しています。

2階には2部屋ありますが、階段側は和室。
東に面した窓からは明かりがたっぷり入ってきます。
窓からみると庭の様子がよくわかりますね。
奥に見えている建物前の塀までがこちらの敷地です。

和室の障子を開けると吹き抜け部分から1階の和室を覗けます。
下を除くのは楽しいですが、落っこちないように注意!

廊下を挟んで反対側(道路側)は小さな部屋とそこから繋がるフローリングのお部屋。
この小さな部屋は大家さんから聞いたところ、小さな頃勉強部屋として使っていたスペースだとか。
なるほど、たしかにひとりで作業するのに向いていそうな空間です。
この二間は他の部屋より天井が低くなっているのですが、その低さがなんともいえない落ち着きを生み出しています。
寝室や書斎にするにはもってこいですね。

さて、この物件のいいところは建物そのものにとどまりません。
なんといってもポイントは、お向かいに魚屋さんがあるところ!

写真の通り、お昼には閉まってしまいますが、朝の営業中にはご近所の方が次々訪れる隠れた人気店です。
とにかく安い!で知る人ぞ知るこちらのお店。
お住まいになられたら、毎朝新鮮なお魚をゲットして広々キッチンで捌いて食べる、なんていう魚好きには夢のような生活を送ることができます。

その他、商店街や氷見漁港にも近く、海に面した比美乃江公園、道の駅・氷見番屋街や温泉施設・総湯も徒歩圏内ですので、氷見の食・自然・そして温泉をたっぷり満喫できる立地になっています!
古民家好きの方には自信を持ってオススメできるこの一軒。
こちらで氷見暮らしをスタートさせたいという方からのご相談お待ちしております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA