北陸新幹線沿線4県合同移住フェア参加レポート!

こんにちは、移住相談員の大坪です。10月1日(日)、東京交通会館にて、北陸新幹線沿線4県合同移住フェアが開催されました!参加したのは富山県、石川県、新潟県、長野県の4県。前回の記事でもご紹介しましたが、この4県は全国の中で移住相談件数が上位なんです。一体、どんな移住相談に出会えるんだろう…楽しみにしながら始発の北陸新幹線に乗り込みました。
 
会場に到着すると、さすが、北陸新幹線沿線を謳うだけあります。北陸新幹線のプラレールが走っています。こちらは運営事務局の方が準備されたとのこと。移住フェアの朝は大体どのブースも準備でバタバタしているのですが、大人たちがプラレールの設置に悪戦苦闘しているのを見てなんだか和みました。会場にはお子さん連れのご家族も多く、子供達にはとっても好評な様子でした。
 

 
会場には81組111名の方がいらっしゃいました。最近は全国規模のイベントが多かったため、それらに比べれば来場者数は少なくなります。ですが、地域が限定されている分、より具体的なイメージを持って情報収集に取り組んでいらっしゃる方が多かったように感じました。会場では各県の担当者から県ごとの暮らしぶりの紹介や、地域の有名企業の紹介が行われていましたが、多くの方が非常に熱心に耳を傾け、メモをとっていらっしゃいました。全国規模のイベントだと、本格的に移住を考えている、という方よりは、移住フェアがどんなものなのかまず見学しにきたという方の方が多いので、この点は地域限定イベントならではの雰囲気だなと感じました。
 

 
また、今回のフェアでは、各県の先輩移住者のトークセッションも開催。トークゲストの皆さんはそれぞれ移住し、その地域で”仕事を作っている”方々です。農場を開いた方、民宿を開業を目指す方、地域独自のメディアを作る方、ご自分の工房を構える方と、みなさん移住先で今までになかった新しい取り組みをされる興味深い方ばかり。私はブースでの相談があるため、残念ながら聞くことができなかったのですが、来場者からの質問も飛び出し、とても盛り上がっていたようです。
 

 
氷見市のブースには7組10名の方がいらっしゃいました。様々な移住相談が寄せられましたが、北陸新幹線沿線4県だからでしょうか、雪や冬場の生活に関するご相談を多く頂きました。積雪はどのくらいになるのか、寒さはどのくらいか、どんな準備が必要かなど…関東の方からすると未知の世界のようです。よく寄せられる質問ですので、この場で改めてお答えしておきましょう。北陸・富山というと豪雪のイメージもたれがちなのですが、氷見は沿岸部のため富山県の中でも降雪は少なめです。「雪で腰まで埋まっちゃうんでしょ!?」なんてお話も頂きましたが、まずそんなことはありません。氷見の雪事情に関してはこちらにまとめておりますので、気になる方はご覧ください。
 
また、自分のお店を持ちたい、伝統産業を継いでみたいなど、新天地で新しいチャレンジをしたいというご相談も寄せられました。みらいエンジンでは各方面と連携を組んで創業や継業のバックアップもしています。まだwebサイトではご紹介していませんが、氷見に実際に移住し、新たな事業の準備をしている方もいらっしゃいます。その方も移住フェアが最初の出会いでした。実現してみたい夢をぜひ私たちみらいエンジンにお聞かせください。全力でバックアップさせて頂きます。
 
次回の移住フェアは1/21(日)、東京ビッグサイトにて開催される「JOIN 移住・交流&地域おこしフェア」に参加します。
情報が公開され次第、ウェブでも告知いたしますので、氷見での暮らしに興味のある方はぜひご参加ください!

投稿者: 大坪史弥

唯一の富山県出身者で社会人建築学生。1989年、射水市生まれ。横浜市立大学に進学し社会学を専攻。卒業後は株式会社リクルートジョブズに入社し広告営業として静岡県で3年間を過ごすも、母の死をきっかけに生き方を考え直し、2015年に富山県にUターン。富山県の空き家を「豊かに生活できる場」にするため、場づくりコーディネーター見習いとして奮闘中。仕事の傍、建築意匠を通信大学で学ぶ社会人学生。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA