氷見市IJU応援センター「みらいエンジン」



 
 

 
 
 

氷見市は富山県の西側、能登半島の付け根に位置する人口約5万人の小さなまちです。定置網漁で栄えた漁師町を中心に、三方を山に囲まれ、いくつもある川沿いの谷間には数多くの里山集落があります。この場所に息づく長い歴史と文化の中に、若くて新しい息吹を吹き込んでいきたい、先人に敬意を表しつつ、新しい時代の新しい文化を、皆さんと一緒につくっていきたい、そう思います。

人は、それぞれ、心の中に夢と希望の種を持っているはずです。この氷見で、生きている喜びと自然の豊かさを感じながら、心の種を花ひらかせましょう。あなたを待っています。
 
 

 
 
 

 
 

関係団体と連携して、一緒に仕事を探します。
起業や継承について、一緒に考えます。

もともと世帯年収が常に上位の富山県ですが、氷見市も含めて潜在的な購買力がある地域です。超高齢社会を迎えて、これからの事業の継承者や新たな消費者ニーズに対応する新しい担い手が求められています。それだけに低コストで小さく起業したり、コミュニティビジネスを立ち上げたりする余白(マーケット)が十分にあるまちです。

空き家情報バンク登録物件のご案内をします。
修理が必要な古民家も、一緒に見学します。

氷見漁港から直送の旬の魚たちが市内至るところにある魚屋やスーパーで気軽に手に入ります。また、その季節に収穫できる野菜の種類も豊富です。近年では有機栽培の農家さんも増えてきました。また、商店街のある市街地や山間部の里山集落には、伝統的な木造建築が地域独自の景観を創り出しています。

移住したあとも、出会いと交流の機会をつくります。
暮らしと地域性がイメージできる情報を提供します。

氷見市民は、「助けてほしい、手伝ってほしい」というメッセージを発すれば、その人を放っておけない、情に厚い人ばかりです。各集落や町内会では、Uターン、Iターン問わず、若い世代に来てもらいたいという意識が高まっているので、あなたの移住を歓迎してくれることは間違いありません。

 

移住のイロハ

地方に移住することを考えている人たちは、みんな、色々な夢と希望を持っています。しかし、人生の大きなイベントであるがゆえ、現実には様々なリスクが伴うものです。そのためにも、事前に必要な準備や心構えをして頂き、この氷見の地で、人生にとって必要な出会いを楽しんでください。
 

住まい

日本一の延べ面積を誇る富山県、その中でもとくに広い氷見市の住宅は、田舎の古民家での暮らしに憧れる人にとって、大きな魅力の1つかもしれません。ここでは、様々な住宅事情や、沿岸から山間部に至る多様な地形ごとに異なる建物の特徴について、お伝えしていきたいと思います。
 

現地の下見

移住を考えている方が、氷見のことを「情報として知る」だけに留まらず、その場の空気や、そこで暮らす人々の息づかいをも感じながら、住まい、しごと、コミュニティ、といった人生の大事なエレメントに出会っていただくツアーを企画します。ぜひ、あなたの肌感覚で、氷見での暮らしの可能性を感じてください。
 

暮らしの様子

氷見に暮らす人々や氷見によく訪れる人たちが発信している情報を「移住」という観点から再整理したうえでシェアするページです。「移住先としての検討材料」となるよう、移住先を探している方にとって役立つ情報を発信して、氷見の魅力を伝えていきます。
 

移住の助成

氷見市には、さまざまな移住や暮らしの支援制度があります。 このコーナーでは、氷見市のウェブサイトに掲載されている、移住・住まいに関する補助制度をご紹介します。