お宝!ラッキー7物件

こんにちは!地域おこし協力隊の野口です。
今回はタイトルの通り物件紹介です!

まずなぜこのタイトルなのか疑問に思われるかもしれませんが、この記事を読んでもらえればその理由が分かります。そう、今回ご紹介する物件はまず見つからないお宝物件なのです!

この物件の家主さんは、僕の知り合いでサントスさんと呼ばれているのですが、そのサントスさんも移住者で紹介物件近くの同じ地区内に住んでいます。ちなみに日本人です。笑
サントスさんはこの久目地区で様々な活動をしている方で、とても面白い氷見ライフを送っているので、次の機会に移住者としてのサントスさんを紹介できればと考えています。
そしてそのサントスさんが入手した物件を今回はご紹介したいと思います!

それではご覧ください〜

氷見には山間に久目という地区がありますが、里山や田んぼが広がるのどかな場所で、左側にいくつかあるお家の中に物件は存在します。


家の前の道を進んでいくと…


どーんと、とても大きなお家が見えてきました。左のお家が居住スペースなのですが奥に見える建物もこの物件に含まれる納屋になります。


近づいてみると納屋も大きい!なんと2階建て!


ご覧のように中には以前住んでいた方の物が残っていますが、この日は残った荷物を整理し片付けしていました。ちゃんと片付けてしまえばスペース的にはかなり広いので、荷物置き場としては十分すぎるのではないでしょうか。
納屋はこのへんでさっそくお家を見ていきたいと思います!


まず玄関から入って目に入ってきたのが、とてもきれいな白壁と立派な梁です。玄関から入ってすぐの部屋は2階部分まで吹き抜けになっており、この空間はすごくいい雰囲気でした。広さ的にも古民家カフェとか普通に出来そうです。もちろん囲炉裏もありますね。


そしてこのお家の1階はとにかく広かったです。襖で区切られる部屋を数えると驚きの10部屋ありました…!しかし、このお家の広さはこんなものではありません。さらに二階へと続く階段を2つ発見しました。


階段を上がってみると、こちらは奥にもう1部屋ある3部屋。そしてもう一方の階段を上がってみると2部屋の合計5部屋。もう十分過ぎますね。
2階の部屋にはこの写真のように残された家財類があるのですが、まだ使えそうなのもあります。


ほこりをかぶっていますが、ほとんど使っていない漆のお椀なんかもありました。こういった家財類が残っているのも古いお家だからこそかもしれません。そして1階2階と見ていく中で、古いお家だからこそやはり改修しないといけないところもありました。


雨漏りで天井の板がはがれ落ちてます。他にも1カ所雨漏りしていたところを発見したのでそこは直さないとだめそうです。
そして気になる水回りですが、


キッチンはかなり広めです。ただ給湯設備は壊れているそうです。


お風呂はこんな感じでタイルばりです。タイルが割れているところはなかったので掃除すれば使えそうですね。


トイレは和な空間になっていましたが、水洗ではなかったです…。
もしこのお家に住むなら、雨漏りしていた天井や、水回りの補修は必須という感じでした。
もしリノベーションをやってみたい、自分で直してみたいという方には、サントスさんから木材の提供などあるそうです!

家の中はこれで終わりですが、この家の外にはなんと広いお庭と畑まで存在しているのです。

灯籠があるお庭。手入れすればすごくいい雰囲気の庭になりそうな予感がします。


雑草が茂っていますが畑の畝が分かります。たくさん野菜も育てられそうです!

これでこの物件は見終わりましたが、正直普通に住むには広すぎるーという感じでした。このお家には住みながら、カフェやゲストハウスなどお店をやるような使い方がちょうどいいのかもしれません。

最後に、この物件をお宝だとタイトルに書いた理由をご紹介したいと思います。
この物件オーナーのサントスさんには、氷見で増えていく空き家を少しでも減らしたいという思いがあるそう。
そこで!この物件現状そのままでもいいという奇特な方がいましたら、売買で77万円、賃貸で借りる場合は7000円の激安ラッキー7価格でいいそうです!

うーん、驚きですね。笑

もしこの物件に興味があるという方がいましたら、ご連絡お待ちしております!

ノグチ流氷見釣りライフpart4

こんにちは!地域おこし協力隊の野口です。
氷見では5月に入りかなり暖かくなってきたので、やっと魚が釣れ始めました!いよいよ釣りシーズン開幕というかんじです!
 
前回3回目の釣り記事から、今回までかなり期間が空きましたが、釣りに行ってなかった訳ではないのです。3月〜4月は1番釣れない時期ではあるのですが、悲しくなるほど釣れなかったのです…。
しかし今回はしっかり釣れたのでご紹介したいと思います!
 
それではノグチ流釣りライフの始まりです〜。
 
 class=
今回は夕方頃、氷見漁港に行ってきました。
 
ここ最近氷見はずっと晴れの日が続いており、この日も天気がよく釣り日和という感じでした。
 

夕方の17時くらいに釣り場に到着し、エビをエサにして釣りを始めると、さっそく反応が!
針をかけるためにグングンッと引っ張るとうまくかかりました!
 

釣りあげてみると、高級魚カサゴでした〜。
 
そしてこの後もカサゴが1投1匹くらいのペースで釣れ、1時間程度で6匹も釣ることができました!
小さかった2匹はリリースし、4匹は晩ご飯にしたいと思います。
釣りたてをご飯にするのは間違いなく美味しいですよね。笑
さっそく帰って調理したいと思います!
 
そしてこの日は、何も釣れなかった時の保険で晩ご飯用に買ってきた食材もあるので、釣ったカサゴと一緒に調理していきます〜。
 
今回買ってきたのはこちら!


タケノコ150円とワラビ220円です。
里山が多い氷見では山の幸も豊富で、おいしい春の山菜もJAの直売所で激安で買うことが出来ます。
 
そして激しくご紹介したい食材がこちら。

ミシマオコゼという珍しいお魚で、激安だったので買ってきました。
調べてみると基本的には地元で消費される魚のようですが、富山に住んでいて初めて見たので、あまり獲れない種類なのでしょうか。久しぶりにまだ食べたことの無い魚を発見しました!
 
これは食べてみなくては…!と思い買ってきたのですが、正直顔の見た目がかなりやばいです!笑

 
ただ調べてみると見た目に反して、身はかなりおいしいと書いてあります。身を触った感触はぷりっと締まった感じがします。
今回は、氷見で獲れた海の幸と山の幸を天ぷらにして味わいたいと思います!
まず山菜は、さっと茹でてアク抜きをしておきました。

カサゴとミシマオコゼはさばいておきます。

そして天ぷら用に切り分けて準備が完成!

全部揚げて盛りつけてみるとこんな感じです!

左から、ミシマオコゼ、カサゴ、ワラビ、タケノコになります。

それでは揚げたてのうちに食べてみます!
うん、全部美味しい!笑
ミシマオコゼは揚げても身に弾力がありました。外はカリッとしていても中はしっかりとした食感があり、フグの天ぷらに近いような感じがします。また新たな氷見の美味しい食材を発見してしまいました…!
もちろんカサゴ、ワラビ、タケノコは言うまでもなく美味しかったです。
 
次回をお楽しみに!

春の味覚!「花見イカ」

こんにちは!地域おこし協力隊の野口です。
氷見では3月末になるとすこしづつ暖かくなり、春の陽気を感じるようになってきました!
香川県出身の僕にとって、晴れの日が増えてくると本当にうれしいです!笑
 
それでは今回は、春が旬の食材を使った料理をご紹介したいと思います!
 
地元スーパーで買ってきた食材がこちら。

スルメイカと菜の花です!
この食材を使ってパスタを作ってみたいと思います!
 
菜の花は言うまでもなく春の食材だと思いますが、意外と知られていないのがスルメイカではないでしょうか?
氷見産スルメイカは3〜5月頃に漁獲され、花見の時期に獲れることから別名「花見イカ」ともいうそう!少し小ぶりで身が柔らかいことが特徴だそうです。
 
イカを買う時の選び方ですが、なるべく茶色が濃く丸みのある個体が新鮮でおいしいですね。
今回は朝どれのものを昼間に買ったので鮮度バツグンです!
やっぱり新鮮なものが食べられるのは氷見の特権だと思いますね〜
もうすでにおいしそう笑

 
さっそくこの「花見イカ」を調理していきたいと思います!


まず、頭の付け根を指で切り離します。


そして頭と胴体をつかみ、内蔵をそーっと引き抜きます。


こんな感じ。


胴体の中にある背骨もそーっと引き抜きます。


頭と内蔵を切り離します。


頭にある目とくちばしを取り除くために半分まで切り込みを入れます。


くちばしと目は下から押し出すような感じで取ります。


後は胴体とゲソを切っていき、


塩こしょうで炒めます。いい匂い!



菜の花は塩ゆでして切りました!

今回はあますところなくイカを味わうためイカの肝とイカスミを使ったパスタソースにしたいと思います!

これがイカの墨袋。


最後に麺と具材とソースを混ぜ合わせると完成です!

イカの肝を使ったのでかなり濃厚な香りがします…!
それではさっそくいただきます!

まずはイカの身から…
や、やわらかい!!そして甘い!
麺と食べると肝の旨味が効いていて相性抜群です。
そして菜の花がさっぱりとしたアクセントになりどんどん食べられます。笑

菜の花が110円、スルメイカが496円の約600円で4人前くらい作れたのでコスパ最強です!
ぜひこの時期の氷見産スルメイカ食べてみてください〜!

知ってる??絶品希少食材「ふと」

こんにちは!地域おこし協力隊の野口です。
2月になると鍋がおいしい季節。
冬が旬の、アンコウやタラが魚屋さんやスーパーに並び始めました。寒い冬に、こたつに入ってあったかいタラ鍋なんてのは最高ですよね〜。
美味しい料理を考えながら、いつもどうり買い物をしていたらとても変わったものを見つけました。

それがこれ!!
その名は、「ふと」

名前だけではどんな食材か全く想像出来ませんよね…笑
モザイクかけるとほんとに何か分かりませんが、何だと思いますか…?
ヒントは氷見といえばこれ!といわれるような食材の一部です。

今回はそんな「ふと」の食レポです!

ふとの全貌がこちら。
 class=

うーん、見た目が…笑
ラベルに書いてありますが「ふと」とは、ブリの胃袋なんです!
胃袋と思って見ると、確かに牛モツみたいな感じがしますね。
そう、ブリのおいしいところは身だけではありません!
天然ブリのふとは、ブリ本来の旨味とコクがあり、こりこりとした歯ごたえが特徴です。胃袋はブリ1本から1つしかとれない上に、当然内蔵なので新鮮なうちに調理しなければならず、都会には出回らない貴重な地元食材といえるのではないでしょうか。

今回は魚屋さんから聞いたレシピ、ふとを使った酢の物を作ってみたいと思います!

まず、生のふとをさっとひと茹でします。

茹でるとくるっと丸くなりました。

これを、細かく切っていき

三杯酢につけて…

最後に、うつわに盛りつけて、すり下ろしたゆずと見映えに緑をそえて完成です!

さて実食です!

口に入れると柔らかな酸味とゆずのいい香り…
そしてこりこりとした食感が何とも言えません!!
おいしい!笑
さっぱりとしていて、お酒のつまみにもなりそうですね〜。
ふとは塩焼きや味噌煮など他にも調理方法があるのでまた試してみたいと思います!

ごちそうさまでした!

冬の健康食材「ナガラモ」

こんにちは!地域おこし協力隊の野口です。
寒い寒い真冬の1月。氷見ではこの時期が旬の、ある食材が店頭に並び始めました。
 
その名は、ナガラモ!
class=
正式名称はアカモクといい、氷見ではナガラモと呼ばれている海藻です。主に富山、新潟、秋田、山形で食べられているそうで、香川県出身の僕にとっては見慣れない食べ物です。今回はそんなナガラモの食レポです!
 
ナガラモの調理方法を調べてみると、かき揚げや酢の物などいろんな料理が出てきましたが、今回は初めて食べるのでシンプルに茹でて刻んだものをご飯にかけて食べるナガラモ丼にして味わいたいと思います!
 
ということで早速茹でていきます。茹で始めるとすぐにきれいな緑色になりました〜。
class=
茹でたナガラモをザルに入れて水を切ろうとしたのですが、このときすでにとてつもないネバネバの液体が出てきていました。
 
水気をきったナガラモを今度は細かく刻んでいきます!
class=
 
 class=
 
細かく刻めば刻むほどさらにネバネバしていきます。手でつまんでみるとこんな感じです。
 
class=
 
このネバネバこそが、美容や健康にとても効果的なんだそうです!ナガラモにはネバネバ成分のフコダインをはじめ、ミネラル、食物繊維などの栄養素を豊富に含んでいるそう。これは体にいいこと間違いなしですね!
 
炊きたてのご飯にかけて…
class=
この時点で良い香りがしてすでに美味しそうなのですが、ここで一手間加えたいと思います。
 
実は1月初旬に、ソデイカ、氷見では観音イカと呼ばれている、巨大イカを釣り上げておりました。笑
こんなの…
class=
この巨大イカの切り身を冷凍していたので、解凍して刺身にしてナガラモ丼に加えたいと思います!
 
どんっ!
class=
究極のどんぶりが完成しました。醤油をかけて早速食べてみます…。
 
言うまでもなく美味しいです。笑
ナガラモの食感は想像していたよりもコリコリしていて歯ごたえがあり、香りがしっかりとしているのに味はさっぱりしていて、他の海藻とは全く違う美味しさです。そしてやはりイカ刺しは、甘くネットリとした食感がナガラモにベストマッチでした!
 
氷見の冬の味覚ナガラモ、ぜひ一度食べてみてください!

ノグチ流氷見釣りライフpart3

こんにちは!地域おこし協力隊の野口です。
12月に入り氷見では初雪も降り、雷鳴轟く『鰤起し』の天気が続き、真冬の到来を感じさせるこの頃ですが、なんとか貴重な晴れ間に行ってきました!
 
それではノグチ流釣りライフの始まりです〜。
 
今回はかなり穴場な釣りスポットをご紹介したいと思います!
まずはこの写真。
 
class=
どんっとそびえ立つ崖ですが、実はここの頂上には阿尾城というお城の跡地があります。阿尾城についてはこちらの記事からどうぞ。

氷見にかつて存在した阿尾城


そう今回釣りをするのは、阿尾城跡がある崖の下なんです!
釣り場はこんな感じで、かなり狭いので釣りをするなら大人2、3人が限界かもしれません。なので誰もいないときはまさにプライベートスポット。
 
class=
 
 class=
今日は誰もいなかったので、のんびり釣り開始と思いきや始めるとすぐに!
 
class=
釣れました、高級魚カサゴです!カサゴは魚屋さんやスーパーでお目にかかることはまず無いかもしれませんが、釣り魚の中ではメジャーな魚なんです。骨からはいいだしが出るので、煮付けにすれば絶品です。
 
この後もどんどん釣れます!
 
 class=
これは、キュウセンというお魚。ベラの仲間で、見た目がカラフルで印象的!笑
カラフルな魚は食べられるのか不安になりそうですが、実はかなり美味しいお魚。キス釣りをしているとよく釣れます。こちらも関西では高値で取引されるそう。白身で繊維が細かく塩焼きにするとふっくらとしてふつうに美味しいです。
 
お次は、いつもの迷惑さん、フグ!
 
 class=
見た目はかわいいんですけどね…
 
そして、最後は!
 class=
めずらしいお魚、ホシササノハベラ!初めて釣りましたが、調べてみるとキュウセンと同じベラの仲間で、味も似ているそう。これは食べてみるしかありません!
 
釣りを始めてから短時間でポンポンと釣れてきましたが、やはり12月ということで体も冷えてきて限界を感じました。
帰って調理したいと思います!
 class=
 
煮付けか塩焼きか悩みましたが、今回もシンプルに塩焼きに。
カサゴとキュウセンは言うまでもなく絶品で、初めて食べるホシササノハベラも調べた通り、身が柔らかく美味しかったです!
ホシササノハベラおすすめです!笑

次回をお楽しみに!

ノグチ流氷見釣りライフpart2

こんにちは!地域おこし協力隊の野口です。最近はだんだんと寒くなって釣りをしに行くのも過酷になりつつありますが、雪が降るまではまだまだ僕の釣りライフは終わりません!
 
それではノグチ流釣りライフの始まりです〜。
 
今日は氷見の中で最もメジャーと言える氷見漁港に行きたいと思います!氷見漁港はその名の通り氷見の中で最も大きい漁港で、釣りをするにしてもたくさんの場所があり、手すり付きで子供が入れる場所もあります。まず始めに、湊川河口付近で釣り開始です!
 
class=
もう11月ですが、ご覧の通りめっちゃ天気良いです!うっすら立山も見えていました。
 
class=
投げ釣りでキスでも釣れないかと、こんな感じでエサをつけて投げます!
そして始めること10分…小さいけど反応あり!
釣り上げてみると…
 
class=
かわいいサイズのフグでした〜。もちろん毒があって食べられないのでリリース。その後続けるもフグ、フグ、フグ。
かわいい顔をしていてもだんだん憎たらしくなってきますね。
 
はい、場所移動します。笑
 
class=

漁港の堤防に来ました!さっきと同じように投げ釣りをしていると…
 
どんっ!と確かな手応え、これは期待出来ると釣り上げてみるとっ
(つり上げた瞬間焦って写真とり忘れました…)
 
class=
エソというお魚でした!
細長い体をしており爬虫類のような顔をしています。聞き慣れない魚だと思いますが、僕自身初めて釣ったので詳しく調べてみると、実は練り物の最高級品として市場では関連業者が殆どのエソを買い占めるほどだそうです。
 
早く食べてみたいのでさっそく調理していきます!
 
class=
さばいてみると白くてぷりぷりの身、これは美味しいに違いありません。
今回は塩焼きにしてみました!
 
class=
それではいただきます!
…..
こ、これは美味しい!!癖もなく淡白で絶品です!
ただ身はもっちりとした独特の食感で、これはやはり練り物にするべきだと感じました。笑
とれたてのエソの塩焼きをを食べられるのも釣り人の特権かもしれませんね。
今回は無事釣れておいしい思いもしたので良かったです!
 
次回をお楽しみに!