【氷見のひみつのひと①】日本に数名だけ!?木造和船の継承者

みなさんこんにちは!
今回からは2回に分けて【氷見のひみつのひと】と題して東京の大学生である私が氷見で出会った素敵な方々にインタビューした内容をまとめていきたいと思います!

第一弾は、こちらの笑顔が素敵な74歳現役船大工「番匠FRP造船」の番匠光昭さんにお話を伺ってきました~!

ところで皆さん、1回目の記事で市立博物館を訪れたとき、館内に数多くの木造和船が展示されていたのを覚えていますか?

こうした船も番匠さんが市の学芸員さんなどから依頼を受け、修繕や作成をしたものです。

元をたどれば、縄文時代の丸木舟からおよそ7500年以上続いてきた日本の木造和船の歴史。各地で多くの和船が作られてきましたが、氷見のような日本海側の地域では太平洋側の地域と異なった「オモキ造り」と呼ばれる造船技術が育まれました。
船の種類については、以前にも記事で紹介しています。よろしければ「氷見の木造和船の話」をご覧ください。

木造和船造りが衰退する以前は木材を切り出す山のきこり・接着剤となる漆を扱う職人さん・のこぎりを扱う船釘を造る職人など地元の職人同士が繋がり、様々な人が協力しながら船を作っていたそう。

しかし現在主流の「FRP(ガラス繊維強化プラスチック)」製のFRP船を作る際は「問屋から材料を下ろして、造船所で船を造る」という単純な構図にならざるを得ないそうです。しかも、和船よりも格段に長持ちするため頻繁に修理をする必要がなく、FRP船が台頭してから船大工さん達は次々と職を失っていったそうです。「いやぁ進化したのか退化したのか分からんねえ」と番匠さんはからっとした笑顔で笑います。

自身もFRP船を中心に作っていた時期があるそうなのですが、化学製品独特の匂いよりも木の香りに包まれながら作業する方がやはり好きなのだとか。木材も氷見産の杉やあすなろを多く使うため、造る際に地元と一体になっていると感じるのがとても気持ちが良いそうです。


にこやかに船の説明をしてくれる番匠さん


造り始めたばかりの船。土台となる木の板を切り出しています

ここ最近で一番印象的だった仕事としては、とある映画の撮影に参加したことだそう。

セットで使うために貸し出された和船を工房から現場まで運んだそうなのですが、スタントとして呼ばれた川の渡し舟の船頭たちが海の荒波での撮影に全く対応できていなかったため、監督の計らいであれよあれよと言う間に番匠さん自身が船頭役の服を着せられて撮影が始まり、結局映画の中に登場することになったとか。

「たまげたけど、主演女優の子を間近で眺められたからオッケーだね」とニカっと笑う番匠さん。思わず爆笑してしまいました。

ですが、それほど海で木造の船を乗りこなすのは難しいことなのだそうです。実際に沖へ出るのであれば空や風、星を正確に読む技術も必要となっていきます。


作業場の風景

また、1隻の木造和船を造るのに通常は木の乾燥を含めて1年ほどの時間を掛かるそう。現在は1年後までに計3隻の依頼が入っており、今年はかなり大忙しの年にになりそうだとのことです。
ちなみに1隻は名門・開成学園の伝統ある水泳部から。OBさんが海で日本泳法などの指導をする際に使用するそうです。10年前にも同部から依頼があり、その完成度に大満足したOBさんを中心に再び依頼を受けたのだとか。

そして残りの2隻の依頼は長崎県の五島列島から。「1年で3隻を一人で作るのはさすがに無理がよ」と番匠さんが伝えると、「それなら知り合いで見込みのある職人を弟子として行かせるから、二人で頑張ってくれ」と依頼者の方に言われ、引き受けることにしたそうです。

そんなこんなで今年の3月、つまりつい先日番匠さんの下にやってきたのがこちらで懸命に作業をしている須藤聖一さん。

高校で木工建築を学んだ後は京都でのこぎりの「目立て」の職人を10年ほど続けていましたが、今回の話を良いきっかけに氷見へ来ることを決めたそうです。
出身の札幌にほど近い石狩や小樽の日本海を見慣れていたため、氷見の風景にも親近感が湧くそう。番匠さんを「親方」と呼び、早くも師弟の絆が築かれつつあります。

目立て用の作業スペースを番匠さんの工房の一角に作ったとのことだったので、せっかくなので見せてもらうことに。

「目立て」職人の仕事はのこぎりの切れ味を蘇らせること。最盛期には素人には修復不能になったのこぎりが次々と持ち込まれていたそうです。

しかし、最近では使い捨てのこぎりが普及するにつれて活躍の場が減ってしまいました。須藤さん自身すら「いずれこの職業が無くなるのは目に見えている」と客観視するほど現状は厳しいですが、「それでも少しでも僕たちのことを頼りにしてくれる人がいるなら、最後まで自分たちは頑張りたい」とまっすぐな目で話してくれました。

昔から木造の船を作る船大工さんは自分の大工道具を自分で手入れし、また目立ての職人さんも切れ味を確かめるために木材を試し切りで扱ってきました。「のこぎりの修理」と「造船」。まったく別物に思える技術にも、実は少なからず繋がりがあります。

どちらも絶滅危惧種と称されるほど今や希少な技術ですが、「僕のように誰か一人でも繋いでいく人が必要だと思うし、時間をかけて出来ることを少しでも増やしていきたい」と話す須藤さん。

若い世代が減る一方の職人の世界では本当に頼もしい存在なのではないでしょうか。「身に付ける技術に天井はありませんから」と笑って話す横顔がとても爽やかでした。


のこぎりを手に「目立て」の仕事について語ってくれる須藤さん。

*     *        *


趣のある薪ストーブ

ここで少し休息。船の廃材を利用した薪ストーブで沸かしたコーヒーをいただきました。


おちゃめな番匠さんとティータイム。

お茶を飲みながら、番匠さんが色々な話をしてくれます。一番印象に残ったのはご自身の過去についての話です。

番匠さんは元々栃木生まれ。親戚の家に養子に出されて以来、氷見で育ちました。

15歳で船大工だった父親に弟子入りするも7年後に大喧嘩。家を飛び出し、そのまま福井の造船所で3年間働いていたこともあります。父親に呼び戻されて再び働いたものの、数年後にまたもや意見が対立して大喧嘩。

この時は氷見市内に自分の工場を立てたことでひとまず事が収まりましたが、しばらくすると60歳近くになっていた父親が病気を患い、船を作り続けることが困難になりました。

とうとうもう何日も生きられないとなった時…「今度大きい船の依頼が入ったんだが、親父の工場を使っていいかい」と番匠さんが尋ねると、父親からは「ああ、自由に使ってくれ」との返答が。

―死の間際に、ようやく親子は和解することが出来たのでした。

番匠さんが74歳になった今も使う工房はまさに父親が使っていた場所そのもの。父親の死後移転することなく40年以上使い続け、多少の増改築を重ねながら現在の「番匠FRP造船」に至っています。


52年間の職人人生を振り返り、お父さんとの思い出を語ってくれました


昔から変わらずこの場所にある番匠家の工房。

不覚にもこの田矢、このお話を聞いた時にはさすがにうるっと来てしまいました。普段何気なく目の前を通っていた建物にそんな過去があったなんて…

そんな番匠さんに今後の夢を聞くと、「早く隠居したい」とのお答えが。えーこういう時は『一生現役』とかじゃないんですかと言うと、「だって疲れるんだもん (笑)」とお茶目に笑った番匠さん。いやー最近は次の依頼でやめようと思ったらまた次の依頼が来るのよーと心なしか嬉しそうに嘆いています。「でも、須藤くんみたいに若い人に教えるべきことはすべて教えたいね。それがきっと自分のやるべきことだから」と目をしっかりと見据えて話す様子からするに、番匠さんが現場を離れる日はまだまだ先の話のようです。


須藤さんの作業を見守る番匠さん。これからが楽しみです

*     *       *
番匠さんがつくったテンマ船は年に一回、湊川沿いの桜並木が満開に咲くころに開かれるお花見の遊覧イベントに利用されます。
船に乗りながらお花見が出来るなんて、なかなか雅なコラボではないでしょうか?ちなみに私が工房を訪れた際に番匠さんが作っていた船もこのテンマ船でした。
今年の開催は4月11日、12日。
詳細が分かり次第またリンクを張ります。今後の情報も要チェックですね。

歴史と世代を越えて番匠さんたち船大工の想いが一心に詰まった「氷見の木造和船」。氷見に来た際にはぜひ一度実物を見ていってほしいと思います!

(参考文献)
氷見市立博物館「特別展 ドブネ復元-日本海沿岸の船づくり-」2019年

氷見のお酒を知ろう!「高澤酒造」さんのお酒を飲み比べるイベント、開催。

4月4日(火)、氷見の中心市街地にある酒屋「ロッキー」さんにて、日本酒の飲み比べイベントが開催されます!

 
主催の「ひみSAKE姫会」さんは、ロッキーさんが運営・企画されており、もっとお酒を楽しむためのイベントを定期的に開催されています。今年1月にご紹介した「第5回 ひみSAKE姫会 新年 鰤しゃぶ発祥の地で味わう!これが酒鰤しゃぶ!!」では、参加者の皆さまは賑やかな雰囲気の中、お酒や料理を味わいながら学ぶ楽しさを満喫されたようです。今回は4月に開催される同シリーズのイベント、「第6回 ひみSAKE姫会 春はあけぼの(曙)〜高澤酒造inROCKY」をご紹介します!

 

「第5回 ひみSAKE姫会 新年 鰤しゃぶ発祥の地で味わう!これが酒鰤しゃぶ!!」での様子。ロッキー代表の高橋さんからのお酒の説明を聞いた後で飲むお酒は一段と美味しく感じます。高橋さんだけでなく、上杉謙信の末裔・上杉孝久先生からもお酒に関するお話も聞けるという豪華っぷり!

 
“春はあけぼの”ということで、本イベントでは、日本酒「曙」を製造していらっしゃる「高澤酒造」さんのお酒の飲み比べを行うそうです。高澤酒造さんは明治から続く伝統の技と近代的な醸造技術、小規模の造り酒屋ならではの心配りと目利きで氷見の地酒を丁寧につくっておられます。「曙」のほかにも「青海白峰」「獅子の舞」などなど、四季折々の氷見の食材とよく合うラインナップが並ぶ、氷見自慢の酒蔵さんです。

 

会場となるロッキーさんの店内の一角。店内にはワイン・日本酒・おしゃれなおつまみetc…がぎっしり詰まっています。一度中に入ると、あれも呑んでみたい!これも食べたい!と目移りしてなかなか出られません(笑)。

 
お酒のお供は、会場となるロッキーさんの店内から気になるものをピックアップでき、ロッキー代表の高橋さん自らがその商品を使ってパスタやスープをその場でつくってくださるそうです!ロッキーさんの店内には、幅広いお酒・おつまみがところ狭しと並んでおり、まさに掘り出し物を見つけるような感覚でおつまみ探しができそう。

 
前回同様、イベントの最初にはお酒についての説明も聞くことができるので、美味しく楽しむだけでなくしっかりと学ぶこともできます。

 

ロッキーさんに置いている商品の一部。海外の缶詰ってなんでこんなに美味しそうなんですかね。

 
地方暮らしの嬉しさのひとつは、その土地ならではの美味しいもの気軽に楽しめることだと思います。氷見では、海から揚がったばかりのピチピチの魚、山でとれる旬のお野菜や山菜、そしてそれらの食材と料理の味を引き立てあう地酒。地域の風土と歴史がぎっしり詰まった食材についての知識を学べば、食べた時の満足度は更に高くなります。氷見の美味しいものを余すことなく堪能するため、まずは日本酒について学んでみませんか?

 
「ひみSAKE姫会」という名前ですが、パートナーの方でしたら男性も大歓迎、イベント開始五分前の飛び入り参加も大丈夫だそうです!日本酒好きの方、氷見の食に関心のある方はぜひぜひ、ご参加ください。

 

SAKE姫女子会さんの前回のイベントの様子。料理やお酒の説明の他にじゃんけん大会も行われ、楽しいひと時を過ごされたそうです。机の上の酒瓶の数と参加者の皆様の表情がその証拠ですね。

 

【以下、元ページ記載のイベント説明文です】

第6回 ひみSAKE姫会
「春はあけぼの(曙)〜高澤酒造inROCKY」

 
今回より、ロッキーの店内で開催いたします!

 
おつまみは店内商品、これっ!というものを持ってきてオッケー!
その場で高橋がパスタを作っちゃったり
トムヤンクンスープや、缶詰を温めたり♪
ご期待に添えるようがんばります!

 
今回のイベントの流れです
上杉謙信の末裔、上杉孝久先生のお酒の説明からスタート
お酒とは…を初心に戻って先生に教えて頂きましょう〜

 
『春は曙』と、題しまして
氷見自慢の高澤酒造さんのお酒をいろいろ飲み比べます

 
日本酒だけでは物足りない方、
ワインもご用意してあります♪
あっ!カクテルなんかも出しちゃうかも!

 
初めてのinROCKY
高橋、ドキドキとワクワクがとまりません♪

 
………………………………………………

 
講師:上杉 孝久
東武カルチャースクール、日本酒アカデミー株式会社 講師 / 有限会社 佐奈井 代表取締役
1952年生まれ 東京出身
 学習院大学法学部卒業後出版業界に身を置く。その後、日本橋で創業60年の老舗甘味屋「いの上」を継承し、赤坂の料亭居酒屋などを出店する傍ら、外食産業のコンサルタントとして活動をする。その間に池袋東武百貨店和洋酒売り場の中に「BAR楽」を開店。日本一早く開店し、世界一早く閉店するBARとして各種マスコミにも取り上げられる。この店は徹底した顧客満足度の追求により、売り場面積あたりの売上高ではダントツの数字を維持している。日本酒の新販売方式を編み出し、若い女性のマーケットを創造するなど、日本酒販売の革命児とも称されている。
上杉謙信公を先祖に持つ上杉伯爵家の分家である上杉子伯爵の9代目君主。

 
………………………………………………

 
第6回 ひみSAKE姫会
「春はあけぼの(曙)〜高澤酒造inROCKY」

 
受 付:18:00〜
日 時:平成29年4月4日(火) 19:00〜
場 所:株式会社ロッキー
料 金:3,500yen
【セミナー料2,000yen+お酒+つまみ1,500yen】
みなさまのご参加お待ちしております
*泊まりをご希望の方は、宜しければお取り致します
*Facebookでの参加表明が嬉しいです

 
………………………………………………

 
お問い合わせ、ご連絡は
ロッキー氷見店0766−72−0511
または高橋・中原までお願い致します

FBイベントページ「第6回 ひみSAKE姫会 春はあけぼの(曙)〜高澤酒造inROCKY」