【阿尾】風情ある日本家屋で庭仕事を楽しむ

氷見市阿尾地区…というとまず思い浮かぶのは阿尾城跡。氷見の風景を写した写真をみていると結構な割合でみかける場所です。

氷見のまちから北の海岸線を眺めると目に入る白い崖が特徴的なこちらが阿尾城跡。
断崖絶壁の上に築城された平山城は、築城時期は不明ですが15世紀後半には城として使われていたようです。『花の慶次』で有名な前田慶次郎が入場したという記録もある戦国ロマンあふれるスポットです。
阿尾城跡阿尾の獅子舞については過去記事に詳しくレポートされていますので参考に御覧ください!

さて、そんな阿尾地区の山手側にあるのが今回ご紹介する物件。
阿尾城跡のある海岸から国道を渡ってすぐ、海峰小学校を過ぎたあたりです。

物件のある通りを出たところから海方向を眺めるとこんな様子。
海岸線は見えませんが天気次第では立山の稜線が見える立地です。

さて、物件の中を見ていきましょう!

氷見でよくみられる伝統的なスタイルの民家です。
空いていた時期が長いためか各所に痛みがみられますが、構造はしっかりしている印象です。
購入してそのまま生活をスタートするのは難しいと思われますのでリフォームは必須。物件自体はお手頃な価格になっていますので、そこにリフォームの予算を加えてご検討いただくとよいでしょう。

水回りの様子がこちら。
こちらも必要に応じてリフォームが必要です。
全体として残置物が多く見られますが、こちらは引き渡し前に大家さんの負担で撤去いただけるそうですので心配ありません。
修繕の必要があることは、裏を返せば自分たちらしくリフォームする余白があるということ。
予算と相談にはなりますが、理想の暮らしにあわせて考える楽しみがあります。
氷見市には購入物件のリフォームに対する補助金もありますので、ご検討の際はぜひご相談ください。

そして、こちらの物件の特徴は実は建物の外にあります。

広ーい庭!
敷地の隅にあるのは薪を置く小屋でしょうか。瓦屋根になっていて目を引きます。

こちらは敷地を横からみた図。
建物の横にも広いスペースがあります。
今は草が生い茂っていますが、綺麗に手入れをすることで印象が大きく変わりそう。
庭いじりが好きな人にはたまらない物件なのではないでしょうか。

以上、阿尾の物件をご紹介しました。
気になった方は是非ご連絡いただいた上で、一度物件をご覧になってみてくださいませ!!

【加納】少人数世帯にぴったり!コンパクトな平屋賃貸

氷見には能越自動車道という高速道路が通っています。
石川県輪島市から氷見・高岡を経由して小矢部までを繋ぐこの高速道路は現在、小矢部東IC~石川方面が無料区間となっているため、氷見市民目線だと南北かなりの区間を無料で走ることができ、通勤・行楽などに大変便利です。
市内には4つのICがありますが、今回ご紹介する物件はそのうちの「氷見北IC」のすぐ近くとなります。

国道165から1本入った通りにあるこちらの物件。
周辺は新しいお家もちらほらとみえる住宅地ですが、もともとは田んぼが広がっていたエリアであり、物件の目の前にも水田があります。
その向こう側には北部中学校や工場が見えるのどかな風景となっています。
工場はあるもののそれなりに距離もありますのでうるさくて仕方ないということはないかと思います。実際私が物件を訪ねた際には音を感じることもありませんでした。

玄関を入るとキレイなフローリング。リフォームがはいったばかりのようでピカピカですね。
ほどよい広さがあって使いやすそうです。

すぐ左手は外観画像からも確認できる車庫。棚などもあって収納スペースは大容量です。
富山で生活する以上スタッドレスタイヤは必要不可欠ですので、タイヤを保管しておける車庫があるというのはとてもありがたいですね。

車庫へ繋がる扉の隣はトイレ。少し時代を感じますが便座は新しくリフォームされています。

メインの居室は和室3つの続き間。
スペースは十分ですがこちらしか居室がないので、大人数には向きません。
逆に、単身の方、ご夫婦のみでの居住、あるいは小さなお子さんのいる世帯にはぴったりです!

キッチン・ダイニングは広々としていて使い勝手が良さそう!
和室のスペースが限られている分、こちらのスペースをリビングとしても使うなど工夫をしてみるとよいかもしれません。

いかがでしたでしょうか。氷見のお家は大きなものが多いですのでコンパクトな賃貸物件は貴重。気になる方は是非お早めにお声かけください!

【中田】元民宿で暮らす/商う

「富山湾越しの立山連峰」は氷見の代表的な風景として写真やポスターなどでご覧いただく機会が多いかと思います。
そんな写真をみると、そこには海と立山だけでなく、その手前に島が写っていることがほとんどではないでしょうか?
こんもりと丸い島があればそれは「唐島」。
唐島は氷見港から300mほど沖合にあり、年に一度唐島大祭が執り行われるなど古くから漁師町の守り神として集めています。
そして2つの島が並んで写った写真があれば、そこにあるのは「虻ガ島(あぶがしま)」と呼ばれる島々。
市北部の姿地区沖合1.8kmに位置して「男島」「女島」の2島からなり、県の名勝・天然記念物として指定されるこの島もまた、氷見を代表する風景として多くの方に親しまれています。

さて、今回ご紹介する物件はそんな虻ガ島を望む元民宿。
海の目の前。のどかな漁師町の暮らしを堪能できる物件となっています。

市街地から車で海沿いの国道を北上すること約20分。
物件がある中田地区にやってきました。
物件はまさにその通り沿いにあります。

すぐ近くには川も流れており、橋からの眺めはこの通り。
毎日の散歩も楽しめそうですね。

元民宿なので駐車場も広々です。
手前右側にある車庫は他の物件となるので要注意ですが、その左側にある部分にたっぷり駐車できますので、民宿・ゲストハウスなどお店として使いたいという方にはありがたい物件ですね。

玄関は少し細い路地側に。
個人的にはこういった細い路地をみると少しワクワクします。
ここを通ってきたまちの人々の暮らしと、まちそのものの歴史を想像すると……なんだか冒険心がくすぐられませんか?

立派な玄関を上がると階段に大広間。
広間は宿泊客の食事の場としても使われていた場所。
襖を取り払うとひとつの大きな空間として使えるため、ここを活用するとカフェや食堂としても使えそうです。

キッチンも民宿仕様。
もともと商売をしていたお家だけに営業許可が取りやすいのはありがたいです。

2階は客室として使われていました。
お部屋にもよりますが、部屋からは海と虻ガ島を望むことができます。(内見の日は生憎の大雨でしたが…)
きちんと手入れされていて気持ちの良いお部屋ですし、きれいな布団も残っていて、そのお布団は希望があれば譲っていただけるそうです。

もちろん1階にはプライベートルームもありますので、住まいながらの商いも問題なし!
どうでしょう? 暮らし・商いのイメージが浮かんできませんか…?

建物を見ていて驚くのは、柱や梁に使われている材がとても立派なこと。
オーナーさんにお話をうかがったところ、お祖父さんが木こりだったということで、とっておきの材を自分の家に使ったためだとか。なるほど、納得です。
さらに状態の良さの秘密はもうひとつ。
オーナーさんのお父さんは輪島塗の職人だったそうで、柱や建具などを自ら塗り替えメンテナンスしていたとのこと。
現在のオーナーさんはこの家が空き家になってからもこまめに訪れ、風通しや清掃を行っています。

丁寧に管理された日本家屋の心地よさを実感できるこちらの物件、住まいとして使うには少し大きすぎるかもしれませんが、住まいながら小さな商いをはじめるにはもってこいです。
物件の良さ、そして周囲の景観の素晴らしさは是非多くの人に体験していただきたいもの。
ご興味がありましたら是非お問い合わせください!

【朝日丘】湊川のスキップフロア

市街地の南側、朝日丘にある住宅をご紹介します。

この家はまちなかを流れる湊川に面していて、その眺望を楽しむことができるのが最大の魅力です。

 

湊川は非常に穏やかな流れで、眺めているとまちなかにいながらにして落ち着いた気持ちになれます。この流れに沿って歩いていくと飲食店の多いエリアまで簡単に出ることができます。

また氷見駅からも歩いて10分圏内ですし、お買い物もしやすい場所です。朝日丘小学校、南部中学校までも簡単に通学できるのでお子さんのいる家庭向きだと思います。

 

この家のもう一つの特徴は不思議な改築によるスキップフロアの面白い構成にあります。普通の2階建てで四角い部屋があってという家が好みの方はちょっと合わないかもしれません。しかし細かい段差と余裕のある空間づかいが不思議と楽しい気持ちにさせてくれるのです。

この家の構成を簡単に言うと、2つの家がくっついたような形をしています。玄関入ってすぐに和室があり、そこからちょっとした階段を上がるとさらに和室、そしてお風呂があります。

和室自体は床の間もある落ち着いた空間になっていて、ここを中心に生活を送ると穏やかな毎日が過ごせるのではないでしょうか。

 

 

 

 

お風呂はホーローです。懐かしい感じですが、ボイラーが浴室の外にあるので浴槽は広め。

 

 

 

玄関脇のトイレは和式です。

 

 

これだけ見れば真っ当な住宅に見えますが、玄関から左に入ると天井の広いリビングに出ます。この部屋は抜け感が良くて、上手にインテリアを構成すればいい居場所になりそうなんです。

 

 

外に出られそうなドアが半分床に埋まっているという謎もあるのですが、ともかく良いです。

 

 

そして川沿いのキッチン。これも演出次第で更にオシャレになりそう。穏やかな川と広がる空に季節を感じながら日々の家事を楽しめるのではないでしょうか。

 

リビングから登る階段で2階に上がると、和室と洋室があります。

特に洋室が、なんと言っていいのか、独特です。

 

 

広い開口から景色が見られるのが素敵。

赤い壁紙に市松模様のフローリング、そしてシャンデリア。現状では非日常感があるのでその方向性をより尖らせてクリエイティブの拠点にするか、少し落ち着かせて寝室として利用するか。住む人それぞれに楽しめそうな場所でこれはワクワクします。

 

 

賃貸物件なのでインテリアの改修などは話し合っていただく部分もあるかとは思いますが、全体的に洋室部分の壁紙を張り替えるだけでも引き締まる感じがします。さらに住みこなすことができれば他の場所では得られない豊かな暮らしが送れそうな予感。ぜひ一度訪れてみてください。

 

【窪】のどかな時間を生かせる住宅

氷見駅の少し南側、窪(くぼ)にある住宅をご紹介します。

窪小学校のすぐそばにあり、中学校へも歩いて10分程度と教育環境はとてもよいところです。スーパーも本屋も近くにあって非常に暮らしやすいところにありますが、周囲がすごくのどかでいいんです。

この家の周りには砂地の畑や草原が広がっています。
訪れた当日は穏やかな春の日で、色とりどりの花が咲く草原が柔らかい景色を作り出していました。

居室の庭からもこののどかな景色を毎日楽しむことができますよ。

この住宅は平屋建てで、間取りも5DKと氷見の家としては可愛らしい構成になっています。外からの見た目も畑の中にポンと置かれたようなこじんまり感で気に入る方も多いのではないでしょうか。

個人的には正面から見た、門構えの奥に隠れるような建ち方が素敵だと思います。手入れしやすそうな庭もいいですね。

内部も70年代ごろの生活を思い起こさせる温かさです。

 

 

玄関から入って左手には二間続きの和室があります。8畳ずつですが居間として非常に使いやすい雰囲気があります。

 

 

また玄関入って右側には洋室があります。以前住まわれていた方は寝室として利用していたようです。いろんな使いでのあるスペースですね。

 

 

その奥にはキッチン。家具や調理器具が残っているのでどんな生活をされていたのか想像がしやすいですね。ガス瞬間湯沸器がありますね。6畳程度でダイニングとしても十分利用できる広さです。

 

 

 

中庭を挟んで離れのような和室が奥にあります。櫓が切ってあるので茶室として利用できるんですね。書院もあって、お茶を楽しむのにとても良いお部屋です。その脇にある縁側も素晴らしい。旅館のような雰囲気です。中庭に降り注ぐ陽の光があたたかく包んでくれます。ここで本を読んだり手芸をしたり、時間が豊かに使えそうですね。

 

 

お風呂はピンクのタイル張り。ただしボイラーが故障しているということなので、修理に合わせて新しいシステムバスを入れてもいいかもしれませんね。味わいあるタイルのお風呂も良いのですが、どうしても冬場は寒いですからね……。

 

 

トイレは温水洗浄便座つき。流しの部分に可愛いお花がかざってあるのもいいですね。

のどかな時間を十分に楽しめそうな、コンパクトで良いお宅でした。

是非一度、現地で体感してみてください。