氷見のお酒を知ろう!「高澤酒造」さんのお酒を飲み比べるイベント、開催。

4月4日(火)、氷見の中心市街地にある酒屋「ロッキー」さんにて、日本酒の飲み比べイベントが開催されます!

 
主催の「ひみSAKE姫会」さんは、ロッキーさんが運営・企画されており、もっとお酒を楽しむためのイベントを定期的に開催されています。今年1月にご紹介した「第5回 ひみSAKE姫会 新年 鰤しゃぶ発祥の地で味わう!これが酒鰤しゃぶ!!」では、参加者の皆さまは賑やかな雰囲気の中、お酒や料理を味わいながら学ぶ楽しさを満喫されたようです。今回は4月に開催される同シリーズのイベント、「第6回 ひみSAKE姫会 春はあけぼの(曙)〜高澤酒造inROCKY」をご紹介します!

 

「第5回 ひみSAKE姫会 新年 鰤しゃぶ発祥の地で味わう!これが酒鰤しゃぶ!!」での様子。ロッキー代表の高橋さんからのお酒の説明を聞いた後で飲むお酒は一段と美味しく感じます。高橋さんだけでなく、上杉謙信の末裔・上杉孝久先生からもお酒に関するお話も聞けるという豪華っぷり!

 
“春はあけぼの”ということで、本イベントでは、日本酒「曙」を製造していらっしゃる「高澤酒造」さんのお酒の飲み比べを行うそうです。高澤酒造さんは明治から続く伝統の技と近代的な醸造技術、小規模の造り酒屋ならではの心配りと目利きで氷見の地酒を丁寧につくっておられます。「曙」のほかにも「青海白峰」「獅子の舞」などなど、四季折々の氷見の食材とよく合うラインナップが並ぶ、氷見自慢の酒蔵さんです。

 

会場となるロッキーさんの店内の一角。店内にはワイン・日本酒・おしゃれなおつまみetc…がぎっしり詰まっています。一度中に入ると、あれも呑んでみたい!これも食べたい!と目移りしてなかなか出られません(笑)。

 
お酒のお供は、会場となるロッキーさんの店内から気になるものをピックアップでき、ロッキー代表の高橋さん自らがその商品を使ってパスタやスープをその場でつくってくださるそうです!ロッキーさんの店内には、幅広いお酒・おつまみがところ狭しと並んでおり、まさに掘り出し物を見つけるような感覚でおつまみ探しができそう。

 
前回同様、イベントの最初にはお酒についての説明も聞くことができるので、美味しく楽しむだけでなくしっかりと学ぶこともできます。

 

ロッキーさんに置いている商品の一部。海外の缶詰ってなんでこんなに美味しそうなんですかね。

 
地方暮らしの嬉しさのひとつは、その土地ならではの美味しいもの気軽に楽しめることだと思います。氷見では、海から揚がったばかりのピチピチの魚、山でとれる旬のお野菜や山菜、そしてそれらの食材と料理の味を引き立てあう地酒。地域の風土と歴史がぎっしり詰まった食材についての知識を学べば、食べた時の満足度は更に高くなります。氷見の美味しいものを余すことなく堪能するため、まずは日本酒について学んでみませんか?

 
「ひみSAKE姫会」という名前ですが、パートナーの方でしたら男性も大歓迎、イベント開始五分前の飛び入り参加も大丈夫だそうです!日本酒好きの方、氷見の食に関心のある方はぜひぜひ、ご参加ください。

 

SAKE姫女子会さんの前回のイベントの様子。料理やお酒の説明の他にじゃんけん大会も行われ、楽しいひと時を過ごされたそうです。机の上の酒瓶の数と参加者の皆様の表情がその証拠ですね。

 

【以下、元ページ記載のイベント説明文です】

第6回 ひみSAKE姫会
「春はあけぼの(曙)〜高澤酒造inROCKY」

 
今回より、ロッキーの店内で開催いたします!

 
おつまみは店内商品、これっ!というものを持ってきてオッケー!
その場で高橋がパスタを作っちゃったり
トムヤンクンスープや、缶詰を温めたり♪
ご期待に添えるようがんばります!

 
今回のイベントの流れです
上杉謙信の末裔、上杉孝久先生のお酒の説明からスタート
お酒とは…を初心に戻って先生に教えて頂きましょう〜

 
『春は曙』と、題しまして
氷見自慢の高澤酒造さんのお酒をいろいろ飲み比べます

 
日本酒だけでは物足りない方、
ワインもご用意してあります♪
あっ!カクテルなんかも出しちゃうかも!

 
初めてのinROCKY
高橋、ドキドキとワクワクがとまりません♪

 
………………………………………………

 
講師:上杉 孝久
東武カルチャースクール、日本酒アカデミー株式会社 講師 / 有限会社 佐奈井 代表取締役
1952年生まれ 東京出身
 学習院大学法学部卒業後出版業界に身を置く。その後、日本橋で創業60年の老舗甘味屋「いの上」を継承し、赤坂の料亭居酒屋などを出店する傍ら、外食産業のコンサルタントとして活動をする。その間に池袋東武百貨店和洋酒売り場の中に「BAR楽」を開店。日本一早く開店し、世界一早く閉店するBARとして各種マスコミにも取り上げられる。この店は徹底した顧客満足度の追求により、売り場面積あたりの売上高ではダントツの数字を維持している。日本酒の新販売方式を編み出し、若い女性のマーケットを創造するなど、日本酒販売の革命児とも称されている。
上杉謙信公を先祖に持つ上杉伯爵家の分家である上杉子伯爵の9代目君主。

 
………………………………………………

 
第6回 ひみSAKE姫会
「春はあけぼの(曙)〜高澤酒造inROCKY」

 
受 付:18:00〜
日 時:平成29年4月4日(火) 19:00〜
場 所:株式会社ロッキー
料 金:3,500yen
【セミナー料2,000yen+お酒+つまみ1,500yen】
みなさまのご参加お待ちしております
*泊まりをご希望の方は、宜しければお取り致します
*Facebookでの参加表明が嬉しいです

 
………………………………………………

 
お問い合わせ、ご連絡は
ロッキー氷見店0766−72−0511
または高橋・中原までお願い致します

FBイベントページ「第6回 ひみSAKE姫会 春はあけぼの(曙)〜高澤酒造inROCKY」

楽しい商店街をつくる第一歩!木製ベンチ・モバイル屋台づくりワークショップ

氷見市街地の商店街を楽しい場所にするための第一歩として、3月20日(月)にイベントなどで利用できる木製ベンチ翌週26日(日)にはモバイル屋台(!?)をつくるワークショップイベントが開催されます!

 
藤子不二雄Aさんのキャラクターが通りに並ぶ、氷見市街地にある氷見中央商店街。かつては行き交う人々で溢れていましたが、今ではシャッターを降ろしたお店が増え、人通りの寂しい場所となっています。この現状を嘆くのではなく、新しいことを始めるチャンスとして捉えて、みんなで「楽しい商店街」をつくっていくプロジェクトが始動しました!人・車通りの少ない道路や空き店舗を自由に使えるとすると、心踊る構想が頭のうちに広がってきませんか?そうした楽しい妄想を形にするための第一歩として、今後イベントなどで利用できる木製ベンチ・モバイル屋台を製作するワークショップイベントが開催されます。

 

イベント会場となるのは、商店街の10年以上空き店舗となっていた酒屋さん。店内は使われていたショッピングカートやのれんが残されていたりと、当時のまま時が止まったような不思議な空間です。この場所で「楽しい商店街」をつくっていく第一歩を歩むと思うと、感慨深く感じます。

 
20日の木製ベンチ・26日のモバイル屋台ともにデザイン、ワークショップ講師は、富山市で家具職人をされている高木博之さん。DIY初心者でも気軽につくることができ、且つオシャレな雰囲気で機能もバツグンにデザイン下さっているそうです。今回製作するモノはお持ち帰りはできませんが、和気あいあいとしたワークショップの中で作り方を学ぶことができますので、ぜひ後日ご自宅で挑戦してみてください!

 

イベント会場の中の様子。左手前に写っているのが20日に製作する木製ベンチで、置く向きによって高さが変わって大人も子ども座れるすぐれもの!写真は3〜4人で座れるロングサイズ、このほかに1人用のショートサイズのベンチも製作するそうです。

 
氷見中央商店街を歩いてみると、シャッターの降りた風景の合間に、気になるお店が目に止まります。入ってみると、レトロかわいい食器やおいしいきんつば、お話好きのおばあちゃんに出会えることも。外から見ただけでは知ることのできない、量販店では味わえない魅力が商店街にはたくさん潜んでいます。商店街を歩く機会の少ない方も、このイベントを機に商店街のことを知っていくと、普段の買い物も生活する中での楽しみの一つになるかもしれません。

 
今回のイベントはモノづくりワークショップですが、「楽しい商店街」をつくるコトづくりワークショップでもあります。気軽に氷見のまちづくりに参加できる機会ですので、ぜひご参加ください。
また、「楽しい商店街」プロジェクトは今後も続いていきますので、ぜひぜひご注目ください!

 
 

26日に製作するモバイル屋台。完成した屋台はイベントで利用するほか、貸出しの対応も考えているそう!この屋台を使ってどんな小商いをしようかな…と妄想しながらつくれば楽しさ倍増間違いなし。

 

【“まちを楽しくする”家具づくりワークショップ、3月20日木製ベンチ編】

 
\いつものまちが違って見える?!楽しい家具で景色を変えよう!/

 
かつては当時最先端の建築群のもとに人で溢れた氷見中央町商店街。ですが今ではシャッターが降りたお店が増えていくばかり。そのうえ商店街に通じる「北の橋」が昨年より工事のため通行止めとなり、人の流れはますます失われています…

 
けれど! 逆転の発想で考えてみるとどうでしょう?
「車の通りがまばらになっているのだからいっそ歩行者天国にしてみたら?」
「小さなこどもでも安心して遊べる公園ができるかも!」
「近所の喫茶店でコーヒーを買って道のまんなかでオープンカフェ気分とか…?」
「せっかくだからマルシェを開催しよう!!」
……どうでしょう?楽しい妄想が膨らんできませんか?

 
今回のワークショップはそんな妄想のひとつを形にする第一歩。
今後商店街のイベント等で利用できる木製ベンチをDIYします!
初心者でも比較的簡単につくれて、なおかつオシャレな雰囲気…そしてなんと置く向きで大人用と子供用に高さが変えられる機能性も抜群なデザインです。
デザインとワークショップ講師を担当してくださるのは家具職人の高木博之さん!
当日はベンチの製作に加え、ステンシルで記念の刻印を施します。
みんなでつくる「楽しい商店街」プロジェクトの第一歩に、ぜひご参加ください!

 
※今回のワークショップでは製作物のお持ち帰りはできません。作り方を学び、後日あらためてmyベンチ製作にトライしてみてください!

 
【開催概要】
日 時:平成29年3月20日10:00~12:00
    (作業完了後有志で昼食、居残りベンチ製作)
参加費:無料
定 員:10名ほど
会 場:氷見市中央町9-10 元リカーショップカキノ(空き店舗)
主 催:氷見市中央町商店街振興組合

 
FBイベントページ

 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 

【“まちを楽しくする”家具づくりワークショップ、3月26日モバイル屋台編】

 
\小さな商いのはじめかた。モバイル屋台のDIYに挑戦!/

 
中央町商店街がお送りする“まちを楽しくする”ワークショップの第二弾!!
3/20の木製ベンチ製作に続いて、今回はモバイル屋台製作です!
コストを抑えるために台車部分は既製品を利用しつつも、センスよくまとまったデザイン…そう、お気づきの方もいらっしゃいますね。今回のデザインも家具職人の〈高木 博之さん〉にお願いしています。 

 
ワークショップでできあがったモバイル屋台は今後の商店街イベントはもちろん、貸出にも対応していきたいと考えています。ここからどんな楽しい小商いが誕生するか、妄想を膨らませながら和気あいあいとつくりましょう!

 
当日はモバイル屋台の製作をワークショップ形式で実践していきます。ベンチよりも難易度は上がりますが、その分達成感も大きいはず…!ぜひあわせてご参加くださいませ!!

 
※今回のワークショップでは製作物のお持ち帰りはできません。作り方を学び、自分だけのモバイル屋台づくりを目指しましょう!!

 
【開催概要】
日 時:平成29年3月26日(日) 10:00~15:00
    (昼食は自己負担でお願いいたします)
参加費:無料
定 員:10名ほど
会 場:氷見市中央町9-10 元「リカーショップカキノ」(空き店舗)
主 催:氷見市中央町商店街振興組合

 
FBイベントページ

大正10年に建てられた土蔵で、塗装・左官ワークショップ

氷見にある大きな木造&土蔵の「あおの倉庫」、この場所で3月18日に、塗装と左官のワークショップイベントが開催されます!

 
今回のイベントの舞台となる「あおの倉庫」は、大正10年に建てられた、広さ100坪もある立派な建物。大きな土蔵をまるっと木造の家で囲ったような構造で、川沿いに建つ木壁の外観は壮観ながらもなんだか懐かしい雰囲気を醸し出しています。この「あおの倉庫」を今後活用していくために補修をしており、その補修の一部である塗装と左官作業をワークショップイベントで行うそうです!

 

今回のワークショップ会場となる「あおの倉庫」の中の様子。こんな立派な倉庫を塗装&左官できるなんて、DIY好きには夢のよう!

 
「あおの倉庫」のような古い建物は、外観もさることながら建物内に入ると、そこに刻まれた腕の良い技術やそれを支えた当時の歴史、使っていた人々の痕跡が雄弁に語りかけてきます。見学するだけでなく今回のワークショップのように建物に触れると、その情報は更に重厚なものとなります。古い建物の魅力を知ると、木造一軒屋に住む面白みが一気に増して、氷見暮らしがより一層楽しめるのではないでしょうか。

 
実際の補修作業を体験できるイベントは、古い建物が多く残る氷見においても滅多にありません。ぜひこの機会に、歴史を刻んだ建物の良さを体験して下さい。

 

【以下、イベントの詳細です】

【氷見で塗装・左官塗体験をしてみませんか?】
 
現在改修中の「あおの倉庫」(氷見市内)の塗装(羽目板)や左官(壁)のワークショップを開催します。
みんなで塗装や左官の体験をしてみませんか?
参加者募集中です!
 
[日時]
3月18日(土)午後1時30分~
 
[集合場所]
あおの倉庫(氷見市朝日本町 氷見市民会館付近)
 
[会費]
会員:無料、会員外:500円
 
[持ち物]
汚れても良い服装、丸椅子か踏み台、新聞紙(床養生用)、ゴム手袋
※刷毛やバケツなどは準備しますので、当日使った道具は各自お持ち帰りください。
 
[申込期限]
3月15日(水)
 
[申込み先]
富山建築士会高岡支部
E-mail:takaoka-shibu@toyama-kenchikushikai.or.jp
FAX:0766-27-8788
TEL:0766-27-8787

仲間と一緒に小さく起業、氷見で「小さな仕事づくり塾」

 
3月10、17、24日の3週連続(金曜日)、自分の好きなこと×社会にいいことで「小さな仕事」をつくる、そのために必要な様々なことが学べる起業塾を開講します!

 
みらいエンジンは、「住まい探し」「仕事探し」「仲間づくり」の3つの移住サポートをしていますが、仕事については「仕事づくり」、つまり起業のお手伝いもしています。この起業塾はその一環として開講するものです。講師は、昨年度に引き続き、福岡県の津屋崎で活動している山口覚さん。対話によるコミュニケーションの場づくりや、小さな起業でまちを活性化する、といったユニークな発想と行動力で様々なプロジェクトを展開しています。山口さんの活動によって、東京などの都会から多くの移住者を集めていて、子育て世帯を中心に5年間で200人以上の人たちが津屋崎に移住しました。この講座では、人が移り住み、仕事が生まれ、まちが元気になっていく流れが実現した津屋崎の事例を参考にしながら、氷見での小さな起業・まちづくりについて山口さんと一緒に学んでいきます。

 
地方に移住してみると、都会よりも就職先の選択肢がぐっと狭くなることがわかります。なかなか自分が望むような会社が見つからない、だから地方で仕事が出来ないと考える人も少なくないと思います。かと言って、起業するには勇気がいるし、ちゃんとやっていけるか不安に思うはずです。ところが、地方だからこそ企業をお勧めしたいというのが私たちの考えです。「小さな仕事づくり塾」で目指すのは、自分の好きな仕事をして、月に数万円を稼ぐスモールビジネスを立ち上げること。都会よりも地方のほうが、何かとコストが安く抑えられます。低コスト、ローリスクで、好きな仕事を続ける、しかも仲間と一緒に協力しながら進めるのがポイントです。

 
お仕事は、喜んでくれる人がいるから成り立つのですが、社会にいいことであれば、より多くの人に喜んでもらえるはずです。「小さな仕事づくり塾」では、社会にいいことって何?ということを参加した皆で考えます。普段仕事をしている人も、家に帰れば生活者です。買い物をするときは消費者になります。誰もが生活者や消費者の目線で、起業したい人にアドバイスができるはずです。そういった仲間の輪が広がり、応援してくれる人のネットワークも広がる、そして、小さな仕事が成り立ってしまう。これは地方ならではの働き方かもしれません。

 
小さく起業したい、起業する人を応援したい方で、氷見のまちづくりに貢献したい思いがある方は、ぜひ「小さな仕事づくり塾」にご参加ください。

 

「小さな仕事づくり塾」が氷見で開催されるのは今年で2回目。写真は昨年実施された1回目の様子。最終日には、具体的な行動計画の発表会を行いました!

 
この塾を受講するのに、難しい知識などは一切必要ありません。必要なのはワクワクの心だけ。参加者全員でのワークショップ形式で、和やかな雰囲気の中で学んでいきます。

 
開講日は3月10・17・24日の計3回、いずれも金曜日の18:30〜21:00まで。計3回の講座に連続出席いただくと、本講座の趣旨がより理解しやすくなります。もちろん都合が合わなければ、1回のみの参加もOK!

 

他地域の小さな起業で成功した事例を聞いた後、参加者が提供した起業内容ごとのグループに分かれて行動計画を話し合います。

 
山口さんに加えて、全国各地のまちづくりに携わってきた、みらいエンジンのセンター長・明石博之も講師として皆さんと一緒にワークショップを進めていきます。

 

前に立っているのが講師の山口さん。和かに話される様子を見ていると、自分でも本当に小さな起業が出来そう!と勇気付けられます。

 
移住した来た方も地元の方も入り混じって、やりたいことをカタチにしていけば、それは将来、氷見のまちの元気にきっと繋がっていきます。一緒に氷見のまちの未来をつくっていきましょう!
お申し込み締め切りは3/9まで。ぜひぜひ、ご参加ください。

 

【以下、イベントの詳細です】

「小さな仕事づくり塾2017 in氷見」

 
■日程
《第1講  好きなこと×社会にいいことでまちを元気にしよう》
3月10日(金)  18:30~21:00

 
《第2講 好きなことをカタチにしてみよう》
3月17日(金)  18:30~21:00

 
《第3講  平凡な行動計画からワクワクの行動計画へ》
〈特別講座  企業のための資金調達方法とクラウドファンディング〉
3月24日(金)  18:30~21:00

 
■参加費
3回で3,000円

 
■定員
12名

 
■場所
まちのタマル場(富山県氷見市中央町5-7)

 
■対象者
小さく企業したい人もしくは企業を応援したい人で、氷見市のまちづくりに貢献したい人

 
■主催
氷見市IJU応援センター  みらいエンジン

 
■申し込み方法
以下の内容を電話、FAX、Eメールのいずれかでおしらせください。

    
①氏名
②性別
③年齢
④住所
⑤電話番号
⑥所属(あれば)
⑦メールアドレス(あれば)
⑧参加する講座日程

 
TEL:0766-50-0445
FAX: 0766-50-8487
MAIL:info@himi-iju.net
( 氷見市IJU応援センター  みらいエンジン)