食べられる宝石?!琥珀糖づくり体験

琥珀糖ってご存知ですか?

見習い相談員の岸本です。
琥珀糖とは、和菓子屋さんで時々見かける、淡い色の砂糖菓子です。
噛むとシャリシャリとした触感とともに舌の上で甘く溶けていく琥珀糖。一度は食べた事があるのではないでしょうか。
その琥珀糖を、氷見の老舗の和菓子屋さん指導のもと、作って味わって更にティータイムまで楽しめる会があると聞いて、早速参加してきました。

こちらは試食用として用意して下さったもの。
今回は全て『天然色素での着色』とのことで、それぞれ
赤=ハイビスカス
青=バタフライピー
黄=みかん
白=ヨーグルト
で、着色されています。
画像内には無いけど、抹茶もあります。
この5色の中から好きなものを使って、今回は琥珀糖を2色つくります。

会場は氷見市中央町のヒラクで、参加者は6組。
一人ずつ作っていくのですが、講師の松木菓子舗さんがとても丁寧に教えてくださるので、参加前に抱いていた「料理ドヘタ選手権があったら間違いなく優勝できるこの私がうまく作れるのかな」なんて不安が秒で霧散します。

材料をレシピに従って煮詰めたら、好きな色を付けていきます。

私のはこちら。紫と青です。
青・赤・黄・白・緑の5色の中から、と言われているのにどうしてもどうしても紫を作りたかったのです。

氷水で粗熱をとったのち、冷蔵庫で冷やして固めます。

固まるのを待っている間、お待ちかねのティータイムです♪
今回は、講師として来て下さっている松木菓子舗さんが今回の為のスペシャルなお菓子を2種、ご用意してくださいました。

酒粕を使ったぷっくり可愛らしいどら焼きは、ほんのりと上品な甘さがあって、大きすぎないミニサイズ。

これは、何て言うんだったかな…柚子風味でとにかくめちゃめちゃ美味しかったことだけは覚えております。

さてここで、松木菓子舗さんについて、ご紹介します。

氷見市で創業約七十年の松木菓子舗さんは、初代が始めた家業を息子さん、そしてお孫さんが受け継いで、日々のおやつ菓子、ご贈答菓子、仏事慶事のお菓子など、ひとつひとつ心を込めてつくられています。
今回、講師として来て下さった松木功太さんは3代目。長らく地元に愛されてきた先代の味を守りながら、若い感性を活かし、ひと口で笑顔がこぼれる、そんな出会いを思い描いた和菓子づくりをされています。
なるほど、ご本人の柔らかな笑顔と人当たりの良さを見れば、こういった、『見た瞬間、笑顔になるお菓子』が生まれるのも頷けます。

お菓子作りへの想いや拘りを話す松木さんは、穏やかな笑顔の中にも熱い情熱を持っていらっしゃって、そんな話を聞いている内に参加者の少年から「おれおおきくなったらわがしやさんになる!」なる言葉が飛び出し、会場のオーディエンスは拍手喝采でしたよ。
すごいですね。美味しいお菓子と職人の心は少年に大志を抱かせるのです。

そうしている間に、冷蔵庫で冷やしていた琥珀糖が固まりました。
容器からペロンと取り出すと、一枚の板状になっているので、好きな形や大きさに切り分けていきます。

ナイフで切っても良し、手でちぎってわざと不揃いにするも良し、です。

こちらは参加者さんの。ナイフで切り分けたもの。

私のはこちらです。鉱石っぽいものを作りたかったので、小さくちぎってみました。

外側のシャリっとした薄膜の中に上品な甘みがぎゅっと込めれらていて、着色に使ったハイビスカスの酸味とバタフライピーの爽やかな風味がふわりと香ります。
紫だったらブドウの皮を使うとか、赤ならスイカの果汁を使うとか、色んな着色方法を松木さんに教わりましたので、頂いたレシピを使って、いろんな色の琥珀糖作りに挑戦してみたいと思います!

そして、ヒラクでは今回のようなイベントがたくさん行われています。
将棋教室や小学生向けのプログラミング教室から、ボードゲーム部やからあげ部、ワイン部といった大人のゆる部活動まで、本当に多様種。
参加するも良し、借りるも良し。非常に使い勝手の良いレンタルスペースです。
実は私も、7月に「ヒラクを借りてイベントを主催してみた」ということをやってみようと目論んでおります。

今回の琥珀糖づくりはオトナ女子の食育Lab.さんの主催。
美容も健康も考えた食のあり方についての体験会を今後も企画されています。

気になる会を見つけてゆるっと参加しながら、氷見でのコミュニティの輪を広げてみませんか。

 

今年もきました出張の夏! みらいエンジンフェア出展情報

じわじわと夏が迫りくる今日このごろ、みなさまいかがお過ごしでしょうか?
みらいエンジン藤田は庭の草刈りや蚊の来襲で季節の訪れを実感しております…

さて、タイトルの通り、今年も移住フェアのシーズンがやってまいりました。
普段は氷見でみなさまをお待ちする立場ですが、7月は私たちの方から氷見の暮らしをアピールしに出かけてきます。
情報盛りだくさんですので、順番にご紹介しますね。

まずは7/6(土)『暮らす働く富山まるごと相談会2019』。

こちらは県が主催する移住相談会です。
東京・有楽町の東京交通会館で開催され、県内の全市町村担当者がブースを構えます。
タイトルの通り、住まいの相談意外に仕事の相談窓口が設置されているのも特徴!
富山県に移住を検討している首都圏の方にはぜひお越しいただきたいイベントです。

続いて7/27(土)『おいでや!いなか暮らしフェア2019』。

こちらは大阪開催の移住フェア。
全国の自治体が集まるフェアですが、氷見市もブースを出展させていただきます。
移住先について、まだまだ決めきれいていないという方も、氷見・富山の話をがっつり聞きたいという方も、関西にお住まいの方はこの機会をお見逃しなく!

そして、みらいエンジンの夏はこれだけではありません。
「ふるさとワーキングホリデー」の合同説明会も、東京・大阪に参加させていただきます!

東京は7/21(土)ガーデンシティ渋谷ホール4Aにて、大阪は27(土)TKPガーデンシティ大阪梅田バンケット4Aにて、双方13時半オープン/14時スタートとなります。
氷見市が出店するのは上記2日程ですが、説明会自体は他日程もございますので、まずどのようなものか知りたいという方は予定の合うタイミングで参加してみてくださいませ。

総務省|ふるさとワーキングホリデー ポータルサイト ふるさとワーホリ説明会情報

ふるさとワーキングホリデーは、学生の参加が目立ちますが、移住へのステップとしてとても有意義な制度となっています。
2週間から1ヶ月という旅行より少し長い期間暮らすように滞在することで、地域の様子をよりリアルに体験できますし、仕事を通じて氷見の「人」と深くつきあうことができます。
滞在中には交流プログラムもご用意しますので、移住先を探す中でその地域が自分に合っているかを確かめるにはもってこいです。
氷見市での募集は特設ページもございますので、気になった方は是非そちらを御覧ください!

以上、4つのイベントの告知でした!
東京・大阪での新しい出会いに期待しつつ、みなさまに氷見の魅力を知っていただけるよう精一杯の準備をして
まいります。
それでは、東京・大阪でお会いしましょう!

創業60年!町の音楽やさん~お買い物シリーズ『サウンドイン定塚』~

氷見のまちのお買い物情報をお届けする「お買い物シリーズ」。
今回は見習い相談員のワタクシ、岸本が張り切ってお届けします。

何せこのワタクシ、氷見商店街生まれ商店街育ちでございます。
途中、約15年余ほど秋葉原の電気街に心を奪われ、オタクとして正しく秋葉原の地に魂を捧げておりましたが、ふたたびこの氷見商店街に戻ってまいりました。
商店街の事ならだいたい任せていただいても問題はありません。
※「だいたい」の感じ方には個人差があります
知っていれば便利、そんなところにそんなお店あったんだ?!と思うような情報をお届けします!

今回、ご紹介するのは、氷見の中心市街地、氷見商店街の中のCDショップ「サウンドイン定塚」さんです。

創業60年。時代の流れにより、電器店からCDショップになって30年。

実は、私がまだオタクを開花させていなかった幼少の頃と高校生の頃に、こちらのお店の2階にある音楽教室へピアノのお稽古に通っておりました。
今回、取材に応じて下さったのはその時の先生で、私は今でも先生と呼んでいます。
音楽教室をしながら店頭にも立っているこの先生も、30年前、京都から氷見へ嫁いだ、所謂「移住者」なのです。

お話しを伺う中で、思いがけず「商店街の中のお店の在り方」にも触れることが出来ました。

京都から氷見へ来た時の印象を聞きました。
京都の四条河原町という、大きな繁華街のど真ん中から氷見への移住。
とても静かだという印象が大きかったとか。
「それでも、すごくよくしてもらったよ。遠いところからよう来てくれはったなぁって、ほんまに色んな人にかわいがってもろて」と当時の事を思い出しながら笑顔を見せてくれました。
人の印象はとても良かったようです。地元人として一安心です。

■CDを売る、だけじゃない。

お客さんはご年配の方が殆どだそうで、人気はやはり演歌の棚。
スナックやカラオケで他の方が歌っている曲を聞いて、自分もあの曲を歌いたい、練習したい、負けたくないと言って音源を探しに来られるのだそう。
凄いなと思うのは、音源だけではなく、楽譜も見てみたいという方がいらっしゃるそうで、
「この白い球(2分音符)はどのくらい伸ばすの?」と聞かれて教えてあげたり、その場でちょっと練習したり。
研究熱心で、心が若い方が多い、と仰っていました。

実はこの取材中にも、男性の方がカセットテープをお求めにいらっしゃいました。
「○○(歌手名)の△△っていう曲が欲しいんだけど」
聞いてすぐに「はいっ!ここにあるよ!」とものの数秒で棚から取り出す。
さすがです。

写真撮らせてくださいとお願いするも、遠目からならいいよと言われたので遠くから撮らせて頂きました。

昔から本当に変わらなくて、いつもニコニコの笑顔と明るい声とシャキッとした姿勢で出迎えてくれます。
そしてなんと言っても、ずっと変わらずにスリムな体型を維持していらっしゃる。
「体型維持の秘訣は?!?!」と食い気味に尋ねましたところ、
「毎日体重計に乗る!1キロくらい変動あったら、ちょっと気を付けたり、運動もするよ!」との事……
耳が痛い…この耳の痛みがなんらかの作用となって脂肪が解けてくれたらいいのに……

■音楽を通して繋がる心

音楽教室も続けられています。
生徒さんはどんな方が多いのかと聞いてみました。
子供からお年寄りまで幅広く、30代の女性も、40代の男性も、60代の女性もいらっしゃるそう。

30代の女性の生徒さんは、保育士さん。
お歌の時間にはCDを再生することもあるけれど、出来れば生の楽器の音と演奏で子供達に歌わせてあげたいと、忙しい合間を縫って一生懸命に練習に通われているらしいです。

大人になってから「音楽が好き」という気持ちが生まれて、ピアノを習い始めたという40代の男性の生徒さんは、仕事は肉体労働系で、手に傷を作ることもありながら、「日々の暮らしの中で音楽に助けられている」と言って、一生懸命に習いに来ているのだとか。

ただ単に演歌の取り扱いが厚いというお店ではありません。
音楽に触れる時間を作ってくれている、『まちの音楽やさん』であると私は感じました。
聞きたい音楽がすぐに手に入るという利便性以上のものが、このお店にはあります。
商店街にお立ち寄りの際は、お店を覗いてみては如何でしょうか。
掘り出し物に出会えたり、今まで触れていなかった音楽との出会いがあるかもしれません。

【募集終了】『ふるさとワーキングホリデーin氷見市』2019 summer

昨年から氷見市で受け入れを開始した『ふるさとワーキングホリデー』。
この夏も氷見に滞在しながら働き、地域との交流を深めたいという参加者さんを募集します。
移住を検討している方も、地方での暮らし・しごとに関心のある学生さんも、奮ってご応募ください!
 
『ふるさとワーキングホリデー』とは?(リンク先:『総務省|ふるさとワーキングホリデー ポータルサイト』)
 

 
過去の参加者のレポートは以下をチェック!
記事タグ「ふるさとワーキングホリデー」
 

 
今夏、氷見市では以下の5つのおしごとをご用意しています。
 
 

①【募集終了】『磯波風』(民宿/接客、旅館業務)

 

 
絶景の宿で働き、氷見流のおもてなしを体感!
磯波風は氷見北部・灘浦地域にある温泉宿です。
「民宿」と聞くと農家や漁師が民家を改装して営む小規模のものを想像されるかもしれませんが、こちらの宿は「旅館」のイメージが近いかもしれません。
海のすぐ側にあり、富山湾を一望できるロケーション。もちろん露天風呂もありです。
晴れた日、富山湾越しの立山連峰を眺めながらの入浴は「最高」の一言。
お料理は氷見の魚を活かしたものでこれまた最高。
湯・宿・食、そして人のあたたかさによるおもてなし。
これらを現場で学び、体感できることこそ、磯波風ワーホリの最大のウリでしょう。
参加者は宿の一室に滞在し住み込みで働いていただくことになります。市街地から離れた立地ですが、自転車貸与がありますのでコンビニまでは自転車で行くことができる他、目の前がバス停ですので町までバスで外出することも可能です。
まかない・温泉入浴の特典付きです!
 
[募集期間]8/1~31(期間内の2週間程度)
[給与]時給830円
[勤務時間]9:00~18:00 or 14:00~22:00(休憩1時間、シフトにより変動)
[休日]週1,2日(応相談)
[滞在先]磯波風の客室(宿泊費補助により1泊500円)
[募集人数]1名
[受入先HP]https://www.isopp.co.jp/himi/
 
 

②【募集終了】『ビアカフェ ブルーミン』(飲食/デザイン)

 

 
若き醸造家のもとで想いをカタチに! デザイナー募集!
ブルーミンは昨年5月、氷見の中心市街地にオープンした新しいビアカフェです。
ブルーパブともいわれるこのお店は、店内に醸造施設を併設してあり、ビールを製造したそのすぐ隣で提供するスタイル。
オーナーの山本さんは氷見出身で、一昨年Uターンしてお店を開業しました。
ブルーミンでは常時数種類のオリジナルビールを提供する他、ビールにちなんだフードメニューを提供し、地域で人気のお店の一つとなっています。
今回募集するのは、そんなお店のメニュー表や商品POPなどをリニューアルする「デザイナー」さん。
もちろんプロのレベルを求めている訳ではありませんので、デザインを学ぶ学生さんの応募も歓迎です。
オーナーさんとの対話を通じて、お店を彩るデザインの制作を目指しましょう!
 
※エントリー後ポートフォリオ(様式自由)の提出をお願いします。提出方法は別途メールにてお伝えいたします。
 
[募集期間]8/1~24(期間内の14日間)
[給与]時給830円
[勤務時間]10:00~18:00(休憩1時間)
[休日]週1,2日(応相談)
[滞在先]移住体験施設(貸し布団台4,000円のみ負担、定員あり) or 市内民間宿泊施設(宿泊費補助により1泊あたり1,000円)
[募集人数]1名
[受入先HP]http://brewmin.com/
 
 

③【募集終了】『イタリアンキッチン オリーブ』(飲食/接客)


 
哲学のあるイタリアン 食と農業の持続可能性を考える夏を
オリーブさんは氷見市中心市街地から少し離れた十二町というエリアにあるイタリアン。
田んぼが広がる風景のなかにぽこんとかわいらしく建つ地域の人気店です。
このお店のウリはなんといっても新鮮な野菜。
氷見というと魚のイメージが強いですが、実は野菜もすごいんだということをこのお店にいくと実感することができます。
モットーは『“Eat locally and sustainably.”(地元で持続可能的に作られた食材を食べましょう)』。
店内に掲げられたその言葉の通り、提供される食材には地域で環境に配慮して作られた食材が豊富に使われています。
農家さんとコミュニケーション取りながら新しい野菜を育ててもらうなんていうこともあるそう。
ワーホリのお仕事では、接客のお仕事がメインになりますが、時期によってはジャムづくりや店舗企画イベントの運営などもあります。
食や農業に関心のある方の応募をお待ちしております!
 
[募集期間]【A日程】8/8~25 【B日程】8/26~9/20(期間内の14日間)
[給与]時給830円
[勤務時間]【A日程18日まで】一日8時間 【以降】10:30~14:30 ※他受け入れ先との兼業可能(応相談)
[休日]週1日
[滞在先]移住体験施設(貸し布団台4,000円のみ負担、定員あり) or 市内民間宿泊施設(宿泊費補助により1泊あたり1,000円)
[募集人数]1名
[受入先HP]https://himi-olive.com/
 
 

④【募集終了】『Bed&Kitchen SORAIRO~ソライロ~』(宿泊・飲食、農業/接客、農作業)


 
海だけじゃない氷見の魅力を伝えるカフェ・ゲストハウスで過ごす夏
氷見市山間部に位置する速川地区にある『ソライロ』。
地域の活性化と氷見への移住促進を目的に2018年2月にオープンしたこちらの施設は、旅行者の拠点として、地域の方の憩いの場として、多くの方が足を運んでいます。さらには地区で6次産業化に取り組むサツマイモなどの加工場も兼ねており、地域の方が集まって作業をすることも。
オーナーの澤田さんは野菜ソムリエの資格を持ち料理も抜群!
氷見ならではの季節の幸を提供するカフェで働きながら、氷見を体感してください。
夏期ならではの仕事として、一部農作業もお手伝いいただきます。
食・地域活性化に関心のある方、是非ご応募ください!
 
[募集期間]【A日程】8/1~24 【B日程】8/25~9/20(期間内の14日間)
[給与]時給850円
[勤務時間]【A日程】10:00~18:00(休憩1時間) 【B日程】10:30~14:30 ※他受け入れ先との兼業可能(応相談)
[休日]週1,2日(応相談)
[滞在先]移住体験施設(貸し布団台4,000円のみ負担、定員あり) or 市内民間宿泊施設(宿泊費補助により1泊あたり1,000円)
[募集人数]1名
[受入先HP]http://himi-hayakawa.jp/sorairo
 
 

⑤【募集終了】『氷見市IJU応援センター みらいエンジン』(まちづくり/記事作成)

 

 
あなたの体験が未来の移住者へのメッセージになる 暮らしのレポーター募集
こちらは、私たち「氷見市IJU応援センター」の求人です。
私たちのミッションは、氷見に移住を考えている人/移住した人を全力で応援すること。
そんな私たちの業務をきくと「ワーホリで都会からきた人にそんな仕事ができるの?」と思われるかもしれません。
しかし私たちが必要としているのは、先入観のまったくない「目線」なのです。
ふるさとワーキングホリデーというのはいわば「プチ移住」です。
そこでみなさんが体験することや、滞在中に感じる気づき・驚きは、きっと実際に移住者が感じるものと近いものであるはずです。
ですので、そうした日々の出来事を、新鮮な目線で、素直な言葉で、綴っていただければと思います。
それはきっと、氷見に移住を考える誰かの背中を押すものとなってくれることでしょう。
未知の体験・人との触れ合いを素直に楽しめる方のご応募お待ちしております!
 
[募集期間]8/1~9/20(期間内の14~21日間)
[給与]時給830円
[勤務時間]9:30~18:30(休憩1時間)
[休日]水・木曜
[滞在先]移住体験施設(貸し布団台4,000円のみ負担、定員あり) or 市内民間宿泊施設(宿泊費補助により1泊あたり1,000円)
[募集人数]1名
[受入先HP]https://himi-iju.net/
 
 
《受け入れ体制》
 
[宿泊先](応募時相談により決定)
・市内民間宿泊施設利用の場合
→ 4,000円/泊の宿泊費補助
※市内中心部の宿の場合素泊まり1泊5,000円(実質負担1,000円/泊)
 
・運営事務局(氷見市IJU応援センター)管理の移住体験施設『まちのトマル場』利用の場合
→ 寝具リース代+清掃代3,000円
※寝具リース代参考:14泊4,000円、15泊~1ヶ月4,500円
 
[旅行保険]
事務局にて負担し、旅行保険に加入していただきます。
 
[その他自己負担費用]
・氷見までの交通費、氷見での生活費については自己負担をお願いしています。
 
 
《応募/受け入れ決定までのステップ》
 
・説明会に参加/HPなどで情報収集

・センターに問い合わせ/専用フォームからエントリー

・事務局から返信/条件確認

・受け入れ先で書類先行

・企業との電話面談

・双方合意ならマッチング成功!
 
 
《お申込み》
以下のフォームから必要情報を入力の上エントリーをお願いします。
 
https://forms.gle/GQNNmrehDHyVRGq28(Googleフォーム入力画面へ)
 
 
《お問い合わせ》
『ふるさとワーキングホリデーin氷見市』に関するお問い合わせは、運営事務局の『氷見市IJU(移住)応援センター みらいエンジン』まで。
電話・メールでお気軽にお問い合わせください。
 
氷見市IJU(移住)応援センター みらいエンジン
 
TEL 0766-54-0445
MAIL info@himi-iju.net
 
営業時間 9:30~18:30(水・木定休)

【中田】元民宿で暮らす/商う

「富山湾越しの立山連峰」は氷見の代表的な風景として写真やポスターなどでご覧いただく機会が多いかと思います。
そんな写真をみると、そこには海と立山だけでなく、その手前に島が写っていることがほとんどではないでしょうか?
こんもりと丸い島があればそれは「唐島」。
唐島は氷見港から300mほど沖合にあり、年に一度唐島大祭が執り行われるなど古くから漁師町の守り神として集めています。
そして2つの島が並んで写った写真があれば、そこにあるのは「虻ガ島(あぶがしま)」と呼ばれる島々。
市北部の姿地区沖合1.8kmに位置して「男島」「女島」の2島からなり、県の名勝・天然記念物として指定されるこの島もまた、氷見を代表する風景として多くの方に親しまれています。

さて、今回ご紹介する物件はそんな虻ガ島を望む元民宿。
海の目の前。のどかな漁師町の暮らしを堪能できる物件となっています。

市街地から車で海沿いの国道を北上すること約20分。
物件がある中田地区にやってきました。
物件はまさにその通り沿いにあります。

すぐ近くには川も流れており、橋からの眺めはこの通り。
毎日の散歩も楽しめそうですね。

元民宿なので駐車場も広々です。
手前右側にある車庫は他の物件となるので要注意ですが、その左側にある部分にたっぷり駐車できますので、民宿・ゲストハウスなどお店として使いたいという方にはありがたい物件ですね。

玄関は少し細い路地側に。
個人的にはこういった細い路地をみると少しワクワクします。
ここを通ってきたまちの人々の暮らしと、まちそのものの歴史を想像すると……なんだか冒険心がくすぐられませんか?

立派な玄関を上がると階段に大広間。
広間は宿泊客の食事の場としても使われていた場所。
襖を取り払うとひとつの大きな空間として使えるため、ここを活用するとカフェや食堂としても使えそうです。

キッチンも民宿仕様。
もともと商売をしていたお家だけに営業許可が取りやすいのはありがたいです。

2階は客室として使われていました。
お部屋にもよりますが、部屋からは海と虻ガ島を望むことができます。(内見の日は生憎の大雨でしたが…)
きちんと手入れされていて気持ちの良いお部屋ですし、きれいな布団も残っていて、そのお布団は希望があれば譲っていただけるそうです。

もちろん1階にはプライベートルームもありますので、住まいながらの商いも問題なし!
どうでしょう? 暮らし・商いのイメージが浮かんできませんか…?

建物を見ていて驚くのは、柱や梁に使われている材がとても立派なこと。
オーナーさんにお話をうかがったところ、お祖父さんが木こりだったということで、とっておきの材を自分の家に使ったためだとか。なるほど、納得です。
さらに状態の良さの秘密はもうひとつ。
オーナーさんのお父さんは輪島塗の職人だったそうで、柱や建具などを自ら塗り替えメンテナンスしていたとのこと。
現在のオーナーさんはこの家が空き家になってからもこまめに訪れ、風通しや清掃を行っています。

丁寧に管理された日本家屋の心地よさを実感できるこちらの物件、住まいとして使うには少し大きすぎるかもしれませんが、住まいながら小さな商いをはじめるにはもってこいです。
物件の良さ、そして周囲の景観の素晴らしさは是非多くの人に体験していただきたいもの。
ご興味がありましたら是非お問い合わせください!