激アツ!氷見夏の大イベント『祇園大祭』

こんにちは!地域おこし協力隊の野口です!

7月になると氷見にもあついあつい夏がやってきました!
しかしあついのは気温だけじゃありません。そう!こころもあつくなる祭り!
今回はあつい夏のお祭り『祇園大祭』に移住者として初参加したレポートです!

まず『祇園大祭』についてご説明を。

『祇園大祭』の由来は『―およそ300年前に氷見町一帯を襲った悪病の退散祈願のため、悪病除けの神として京都八坂神社から祇園神の分霊を迎え、平癒祈願を行ったところ、悪病が治りました。
これに感謝して神輿に祇園の神霊を奉還し、御座町町内を巡行したことに始まる―』とあります。

詳しくは昨年、先輩移住相談員の藤田さんがまとめた記事がありますので、こちらもご覧下さい!
氷見・夏の風物詩 『祇園大祭』参加録

それでは僕の初体験となる『祇園大祭』に参加してみての感想を、お伝えしていきたいと思います。

一日目、僕が参加している町内では太鼓台を日宮神社までひいていきお祓いを受け終了です。
この日南十町ではすでに曳山や太鼓台をひいており、商店街のメイン通りにも屋台がたくさん並びにぎわっていました。


いい雰囲気ですね〜
曳山に灯る提灯の明かりや屋台の明かりはとても風情がありますね。


太鼓台をとめて休憩している方々。
お疲れさまです。僕は明日に備えて早めに寝ることとします…!

そして次の日はお昼前から太鼓台の飾り付けを完成させるところから始まりました。

飾り付けが終わり、12時に日宮神社に北六町の太鼓台が集結し、いざ出発です!


「イヤサー、イヤサー」と掛け声をかけあったり優雅な笛や力強い太鼓の音色にあわせて、ゆっくりゆっくり太鼓台をひっぱりながら町内を回っていきます。


道幅が狭いところや坂道もみんなでがんばって太鼓台をひっぱります。

夕方頃になると人もかなり増えてきました!

太鼓台をひきながら家々をまわっていると次第に暗くなってきました。


提灯や行燈に火を灯すといい雰囲気に!
体は疲れを感じていますが、こころは楽しくなってきます!
やっぱり夜に町が人でにぎわっているといいですよね〜

ということを思いながら進んでいると氷見ラーメンのお店の前で、先に進んでいた町内の太鼓台が1台ずつ「イヤサー、イヤサー」という大きなかけ声とともに太鼓台を横に大きく揺らし始めました!

どうやら奉納金か何かを頂くと、お礼のお祓いのようなものを行うようです!


写真だと少し伝わりづらいですが、すっごく横に揺らしています!傾く時に片側の人が浮いています!!

順番に行われている激揺らしを眺めているといつのまにか自分たちの番。
力加減やタイミングなどよく分かりませんがとりあえず流れに身をまかせます!

感想は、めっちゃ重い!(支えるとき)
めっちゃ浮く!(傾けるとき)
です!笑

正直倒れないギリギリでやってるのは本当にすごいなと感じました…。

そして町内もまわり終わり、終点の日宮神社に向かいます。
するとぞろぞろとたくさんの人が集まっていくではありませんか。
このとき僕は最後に「けんか」と呼ばれる何かをするらしい、ということしか知りませんでしたが、それを見にみんなが集まっている事が分かりました。


す、すごい人です!
氷見でこんなに人が密集するなんて!という感じです!
普段は歩道を歩いているおじいちゃんおばあちゃんがちらほらという商店街に、この時だけはとてつもない人が集まっています!

最後に太鼓台を日宮神社の中までひいていきお参りをすませると、どうやら「けんか」というものを行うようです。

そしてここからは驚きと動揺で写真を撮り忘れていたので、文章でご想像下さい。

最初に別の町内のけんかが行われるようで、お手本としてその様子を見てみることにしました。
まず「イヤサー、イヤサー」の大きなかけ声をかけながら太鼓台を横に激しく揺らして、、、

笛の合図でお互いの太鼓をどーんとぶつけました!

すると今度は太鼓台の上によじ上ったひとが飛び交いお互いの太鼓台中心に立ててある松の木を折り合っているではありませんか…!!
振飛ばされている人もいます!

そしてある程度折り合ったら離れて終了。

そう、このとき「けんか」がどういうものか初めて理解しました。
うーんこれはやばそうだ笑
ただお客さんは大盛り上がり!

そうしていると今度は自分達の番。

これはもういくしかありません!!笑

「イヤサー、イヤサー」と叫びながら太鼓台を大きく揺らして、、、
太鼓台をぶつけます!
どーん!

このとき僕は太鼓台の斜め後ろくらいから押していましたが、さらに後ろから押されるは、上から人が落ちてくるはのもみくちゃ状態に。

そしてすぐに笛が鳴って離れることになり、もう一回繰り返して自分達の番は無事終了となりました。

や、やりとげました〜。
まさかこんなに激しいとは思いませんでしたが、お客さんはとても楽しんでいるようでした!
僕も最初は見る側で参加したかったですね笑

ただ人生でここまで激しいお祭りを経験したことはなかったのでとても貴重な思い出になりました。体験してみて、このお祭りは本当に見る価値ありだと思いました!
まだ見たこと無い方はぜひ!

【ひみ暮らしインタビューVol.6】林知成さん

氷見に移住されたみなさんにインタビューし、リアルな声をお伝えする【ひみ暮らしインタビュー】。
シリーズ6回目は、市観光課の職員を経て、現在、オフィス884を運営されている林知成さんからお話を聞きました。
実は、ワタクシ岸本にとって前職で非常にお世話になった方です。
お会いするのは久々です。
毎週水曜日に、朝日山公園休憩施設にいらっしゃると聞いたので、足を運んでみました!

何度か来た事がある休憩施設。
見晴らしが良く、市街地の喧騒からも遠く静かで、海岸から吹きあがってくる冷たい海風が気持ちの良い場所です。

朝日山公演休憩施設は、「使うこと」「考えること」「作ること」が一体となった公園づくりの拠点となる施設で、朝日山公園を活用した市民提案型のイベントの企画や各種サークル活動の場や発表会などにもご利用していただけるよう受付しております。
(市HPより抜粋)

さっそく中に入ってみると、ものすごく涼しくて過ごしやすい!
空調の冷たさではなく、肌なじみのいい自然の風がたっぷりと入ってきます。

そんな快適空間でお仕事されているのが林さんです。この休憩施設を毎週水曜日にレンタルして、イベントや作業スペースとして使用していらっしゃいます。
林さんは、大阪府摂津市出身、奥様が高岡市の方で、富山県への移住を考えた時に氷見市を気に入ってくださったそうです。

――氷見市のどういったところを気に入ってくださったんでしょうか?

「妻の実家が高岡市なので、移住を考える前から氷見市には遊びに来ていました。
海があって、山もあって、自然があって食事が美味しい。ちょっと美味しいもの食べたいねという時に来るのは大体氷見でした」

――やはり、自然と食の良さのイメージが強いのですね。
では、実際に住まわれてみてどうですか?

「高岡市周辺で探した時に、印象が良かったので氷見市にしました。とにかく人がものすごく温かくて、人間関係が濃い。知らない人でも道ですれ違ったら挨拶をしてくれたり、ご近所の方がすごく気にかけてくださる。人のご縁や温かさというものをすごく感じています。例えば、仲良くなった方が山を持っていて、山菜採りをさせてもらったり」

――そういえば春になると市内の至る所からそういった話が聞こえてきますね。
誰々さんの山に行って山菜採ってきたので、と我が家もよく山盛りの山菜をいただいたり、お惣菜や別の何かでお返ししたりと、そういったご近所づきあいが日常的にありますね。

「もともとロードバイクが趣味だったので、海沿いを走ったり、山を攻めたり、氷見に来てから新たに釣りも始めたりと、ここでの生活を満喫しています」

――めちゃめちゃ楽しんで満喫してますね。(笑)

――お仕事も個人事務所を経営されていて、悠々自適でのびのびやっていらっしゃるという印象ですが、具体的にはどういった事をされているんですか?

「デザイン事務所、一級建築事務所、ひとり出版社、PCトラブルサポートのお仕事をしています。初めはホームペ―ジ制作、イベントのチラシや名刺等の印刷物デザインの仕事から始めました」

――なるほど。どれもこれも興味深いですが、中でも、ひとり出版社(『田舎暮らし社』)が気になります。

「最近、全国的に一人出版社という小規模の出版社の形態は増えてきていて、注目度も高まっている。それぞれにその人の個性が出ていて面白いんです。」

――初めて知りました……それって、自費出版とはどう違うんですか?

「自費出版とは違いますね。自費出版は、自分が書きたいものを書いて本の形にするもの。ひとり出版社は、気に入った著者に執筆を依頼したり、出版物を企画して、作家に書いてもらいます」

――企画、編集、印刷の手配、すべてひとりでやるという事ですね。
林さんがそれを仕事にしようと思ったきっかけって何なんですか?

「元々、本や読書が好きで、仕事で本の表紙作り、文章のしごとをやっていて、本を作ることの面白みを感じたんです。店を構えるわけではなく、移動書店のような形でやっていけたらと思っています」

――移動書店……と聞いてぱっと思いつくのは氷見市図書館が行っている移動図書館のような感じでしょうか……?

「そうです、まさにあんな感じですね」

――好きなこと、興味のあることを着実に自分の仕事にしているバイタリティや行動力が凄すぎると感じるのですが、氷見で個人事業を展開していくにあたり、不安などはなかったのでしょうか?

「不安が全く無いといったら嘘になりますが、とにかく人脈づくりを大事にしています」

――人脈づくり。やはり基本をしっかり守ることが仕事に繋がっていく、と。

「例えば、ホームページ作成のお仕事を受けているときに、PCの不調を見てほしいという話があって。そこからPCのトラブルサポートも始めました」

――そうやって、仕事が新たな仕事を生んでいくのですね。
最後に、移住を考えている方にとって、移住先での仕事や就職口の有無も大切なポイントだと思うのですが、氷見市へ移住を考えている方へのアドバイスをお願いします。

「仕事が見つかってから、自分がやりたいことが見つかってからではなく、まずは行動することが大事。氷見なら大丈夫!人の温かさがあり、実現できます。今後は、都会で働いている人に、田舎での仕事の展開の仕方を紹介していくことを考えています」

得意なことや好きなことを仕事にすることを実現させて、氷見という場所での暮らしを満喫している林さんを見ていると、言葉の一つ一つにも説得力や重みを感じますね。
そして、地域と、地域住民をとても大切にされている林さんだからこそ、同様に地域から愛されているのだなと感じました。

 

Office884

■884Design ― 富山県のデザイン事務所
ホームページ作成、チラシ・名刺等の印刷物デザイン、ライティング業務など
■ハヤシ建築設計事務所 ― 一級建築士事務所
意匠設計、建築確認申請、耐震診断など
■田舎暮らし社 ― 地方のひとり出版社
印刷物の企画、編集、制作
■氷見パソコンサポート ― パソコン関係のお悩み解決
PCトラブルサポート、出張パソコン教室など

Mail :th@office884.com

 

 

移り住むこと。

私が「みらいエンジン」と出会ったのは、昨年11月の頃だったと記憶しています。
 

 
夏から少しずつ企画していたグループ展の計画が頓挫し、物事が上手く行かないことに対する苛立ちやストレスを抱えていた秋の終わりの出来事でした。
 
それでも、「”氷見”の街中で写真展をー」の夢を諦めることは出来ず、2019年春先の個展開催に向けて、再始動する覚悟を決めたのでした。しかしながら、個展開催を意味するのは、会場決め・予算運営や告知活動等々、全ての事をひとりで取り纏める必要があるということです。自分の頭で描いているプランは、果たして本当に実現することが出来るのだろうか?
 
人生で初めての個展。期待と不安の両方が膨らむ私は、ある種の助けを求めるかのように、氷見の街中に佇む町家(みらいエンジン・旧まちのタマル場)を訪れることにしました。
 

 
みらいエンジンとの出会いから4ヶ月後、今年3月にビアカフェ・ブルーミンでの写真展開催を無事成功。そして今年7月からは、氷見との更なる関わりを求めて、住まいを移すことを決断しました。
.
 
.
皆さん初めまして、ひみ暮らしサポーターズで写真家の北条です。
 
今回の記事では、写真展. Colour – Full .のその後に触れつつ、氷見市に移住してきて感じたことをお伝えして行きたいと思います。
.
写真展に関する記事は、以下のリンクからご覧頂けます。
 
【春の訪れを酒場で楽しむ写真展. Colour – Full .】
 
【日本初の写真展. Colour – Full .を終えて。】
.
 
.
<写真展のその後>
 
個展後に訪れる氷見の街は、どこか安心感を感じられる、心地良い場所になったような感覚がしました。
 

 
この時期に撮影された写真たちは、個展のプレッシャーから解放され、撮影テーマも特になく、自分の感性が動いた場面や風景を切り取っています。
 

 

 

 
少し技術的な事をお伝えすると、写真展の全作品(冒頭の2枚の過去写真も含む)は、35mm(判換算53mm相当)の単焦点レンズを使用して撮影しました。個展後は、表現の幅を広げる為にも、新しいレンズや機材を導入して、新たな表現方法を模索しているところです。
 
模索しているが故に、悩みや葛藤を抱えることもあり、自分が表現したいものに対し満足することが出来ない時間もありました。特に氷見に移り住む前の1ヶ月間は、カメラにすら触らない期間があったりして、「写真」に対して嫌悪感を抱くことさえありました。
 

 
いざ氷見に移り住んでみると、カメラを持って出かける機会が自然と多くなってきて、写真を撮ることの楽しさが蘇ってきている感覚がします。これからも、氷見の暮らしに寄り添いながら、何気ない風景を切り撮って行けたらと思います。
 

 

.
 
.
<海街に移り住んで>
 
氷見に移り住んで迎えた初めての週末は、氷見漁港の朝セリ見学へ行きました。
 

 
– ”いのちを頂く”を体感する1日。 –
 
その日の夕方、家の近くにあるスーパーの魚売り場を覗いてみると、”氷見産朝とれ”のシールが付いた魚たちが売られていました。その中から、”あかいか”を購入!
 
人生初、1時間かけて捌いたイカに、炒めたガーリックとしめじを和えたパスタは、見た目以上の美味しさを味わうことが出来ました。
 

 
この小さな街でさえ、朝に揚がった氷見産の魚たちが、私たちの食卓へ彩られるまでには、氷見に住む沢山の人々の手作業が関わったいることに改めて気付かされます。
 

 

 

 
当たり前のことを言っているのじゃないかと思われる方もいるかもしれませんが、そんな些細なことでも、喜びや幸せを感じながら暮らすことが出来るのは、とても素敵なことだと思いませんか?
 
日々生きることにさえ息苦しさを感じる今の社会で、自然と暮らすことで味わう小さな幸せが、氷見に住む私たちの身近に存在している。そう実感した、休日のある日の出来事でした。
.
 
.
月日が過ぎるのは早いもので、氷見に移住してからもうひと月が経とうとしていますが、改めて感じることは「移り住むこと=ゴール」ではないということです。
 

 
街で暮らす人々と交流したり、地域で育った食材を頂くことだったり、移り住んだその先には、些細なことでも心が豊かになる出来事が沢山待っています。
 
毎日の生活や時間に追われていた私は、氷見との時間を共にすることで、その事に気付かされました。そして、この記事を読んで下さっている方にも是非、五感で感じ取って欲しいと願っています。
 

 
富山県の片隅、能登半島の入り口に、私たちの街・氷見があります。この自然豊かな街で、あなたの訪れを心からお待ちしています。
 
私は私なりに氷見生活を満喫して、移り住んだその先の暮らしがイメージできるような写真や文章を、皆さんへお届けして行けたらと思っています。
 
それでは、これからも宜しくお願いします!

実践!歩かない田舎暮らしでの健康づくり

天高く馬肥ゆる秋、にはまだまだ早い夏の入口。
いかがお過ごしですか。
見習い相談員の岸本です。

Uターンで氷見に戻ってきてから5年が経ち、
どこへ行くにも車という車社会の田舎生活に慣れた結果、

なんと

10キロ太りました。

「そんなわけない」
「あの頃よりもよっぽど健康的な生活をしているはず」
「ちょっとむくみがひどいだけだ」
そんな理由をかき集めて自分を騙し騙し今日まで来ましたが、
健康的によく食べることと暴飲暴食をはき違えた結果がこれです。
ファスナーが閉まらなくなった洋服の山を改めて確認して、太った事実を受け入れました。

考えてみれば、東京にいた頃は電車の乗り換えや買い物で毎日徒歩、徒歩、そして徒歩でした。
当然のように車を持っていなかったので、買った掃除機を担いで歩いて帰ったこともあります。
氷見に帰って来てからというもの、歩く距離はせいぜい自分の部屋から車庫までです。
立ち仕事や農作業、接客業ならまた違っていたかもしれない。
加えて私はオタクです。
土日はもちろん、帰宅したら最後、部屋から一歩も出ません。

このままではいけない!でもどうしよう?!
実家あるあるのテンプレ通り、食料は尽きることなく、ご飯はどんどん出てきます。

というわけで、今回は
『車社会の田舎暮らしで体を動かす』を実践してみましたので、紹介します。

まず、健康づくり・体力づくりという言葉から思いつくのは
フィットネスジムです。
氷見にはフィットネスジムが一つあります。それがこちら

天然温泉メディカルフィットネスクラブ S-can(スキャン)

天然温泉という名前からしてもう、なんか良さそう。
「S-canは氷見市の医療法人社団涛々会 加藤医院のドクターが手がけるフィットネスクラブです。
メディカルフィットネス(医療法第42条)と一般的なスポーツクラブの大きな違いは、医療法人との提携による安心感です。
ドクターをはじめ医療スタッフによるメディカルチェックやフィットネス測定(体成分分析・体力測定等)の結果をもとに、会員様一人ひとりに適した運動メニューを作成。専任スタッフやインストラクターが丁寧にご指導しますので、初心者でも無理なく楽しく続けられます。」
(公式HPより抜粋)

なんだかサポートが手厚そうだし、もうすでにこの紹介文からの安心感がすごい。
でも、フィットネスジムにいきなり入会するのはちょっと……という方にはこちら。

氷見市民プール・トレーニングセンター

1階にはプールとトレーニングルーム、
2階にはエアロビクス・ストレッチヨガなど、ウエルネス教室のレッスン用の軽運動室があります。
入会等は不要で、利用料金もとってもお手頃。
ただし、少し山側の施設なので、交通手段は車必須となりそうです。

バスでも行けるのがこちら
氷見市ふれあいスポーツセンター

ハンドボールの全国大会等が行われるとても大きな体育館です。
多種多様なスポーツ教室も毎週行われていて、参加料金もひと月800円~でとても参加しやすそうです。

 

ジムやトレーニング施設に通わずに、自分のペースで好きな時にやりたい。
そういう時はジョギング・ウォーキングに限ります。
私が実際にやってみて良かった方法をご紹介します。

まずは車、または市内のバスを利用して、氷見番屋街の隣にある「氷見温泉郷 総湯」に行きます。

「いきなり車に乗るの?!」と思うなかれ。これには訳があります。
最後に分かります。
さて、総湯に到着したら、中には入らずに、海沿いを好きなだけ走ります、または歩きます。
準備運動を忘れずに。

海沿いはブリ型ライトが設置されていますが、それでも夜には暗くなり人通りも少なくなりますので、不用心に感じる場合は比美乃江公園の外周を周回でも良いと思います。早朝と夕方の時間帯は、公園でウォーキングしている方がたくさんいらっしゃいます。
(比美乃江公園について紹介している記事はこちら

総湯へ戻って来たら、しっかりと水分補給&休憩をしてから、大浴場でさっぱり汗を流します。
サウナでじっくりと汗を流すのも良し、露天風呂で外の空気を思い切り吸いながらの入浴も気持ち良いです。
マッサージコーナーもありますので、ここで運動した筋肉をほぐしてもらうのもよいかもしれませんね。

朝は10:00から、夜は23:00まで営業しています。
(毎月土日祝のみ7時より朝風呂があります)

運動してスッキリ、入浴で汗を流してさっぱり。大浴場でお風呂を満喫してゆったり。心地よい疲労感を抱きながら車で、またはバスでさっと帰宅です。

いかがでしょうか。
意外と運動不足になりがちな田舎生活。
綺麗な景色の中でのびのびと体を動かしませんか。

氷見釣りのすすめ part5

こんにちは!地域おこし協力隊の野口です。
氷見はまだ梅雨の雨が多い日が続きますが、少ない晴れの日にキス釣りに行ってきました!
キス釣りは夏が本番だと思いますが、もうそろそろ釣れるんじゃないかと思いやってみたレポートです。キス釣りは初心者にも始めやすい簡単な釣りですが、実は奥が深いとても面白い釣りなんです。
そして氷見の海で漁港や海岸から釣りをする場合は、キスはとても狙いやすいお魚なのです。今回はキスの釣り方からご紹介したいと思います!

まず釣りをする上でとても重要なのが、釣りたい魚の習性を知っておくことなのですが、キスは砂地で海藻が生えている場所に生息しており、水温が高くなると浅いところまでやってきます。そして氷見の海はこの砂地で海藻が生えている場所というのがほとんどなのでとてもキスを狙いやすい環境ということになります!またキスの行動パターンですが、日中は底から10cm~30cmぐらいの層をエサを探して群れになって泳ぎまわり、夜は砂に潜って眠りにつきます。


キス釣り用の仕掛けはこのようになっていて、釣り竿からでた糸におもりをつけて、その先にキス釣り用の針をつけています。ゴカイ(イソメ)をエサにして、竿を振っておもりを飛ばし海底に沈めずるずると引きながら釣るようになります。釣り具屋さんにいけばキス釣り用の針とおもりがセットになったタイプもあるので、そういうのも便利でおすすめです!

これらの情報をふまえていざ本番です!


今日は早朝の氷見漁港に来ました!朝日が海面に反射してきれいですが、日差しがじわじわと強くなってきており時短勝負といきたいところです。

釣り開始数分で手前の方から探ってみると早速エサに食い付く反応ありです!

しかし、エサだけ食べられて針にかかりません…
キスではなくベラやフグかなーと思い、遠くに投げてみることにします。
少し待っていると少し引っ張られるような感覚が…!
これは!と思い巻き上げようとすると魚がかかっている感触が手に伝わってきます!

釣れました〜!お目当てのきれいなキスです!よかった!

そしてキスは群れで移動するので、すかさず同じ場所に投げ入れます。
するとまた反応が!

今度はメゴチでした〜。メゴチは小さいお魚ですがおいしいので確保です。

その後は、キス2匹メゴチ2匹を釣ったところでかなり暑くなってきたので、帰ることにしました。
これからの季節、熱中症対策は必須だと思います…!

今回はこの6匹を調理していきたいと思います!

メゴチのおちょぼ口がかわいい笑

今回は南蛮漬けでさっぱりといきたいと思うので、まずは頭をおとして開きにしていきます。

小麦粉をつけて揚げていきます。

うーん、いい匂い!

揚げたてに南蛮漬けのタレをかけて、野菜を和えれば完成です!

早速実食です!
予想通りおいしいです笑
そもそも釣りたてなので臭みは全くないですし、キスの身はふっくらで、メゴチは旨味が感じられ、どちらもとても美味しいです!
6匹はすぐに無くなってしまい、食べながらもっと釣っておけば良かったと少し後悔していました…
また、キス釣り行きたいと思います!

それでは次回をお楽しみに!