富山の「しごと」と「くらし」の“今”を体感する、小さな旅行

富山の旅行会社「中部観光」さんとまちづくり&デザインの会社「ワールドリー・デザイン」さんが、富山県内をじっくりまわる移住体験ツアーを企画しました。ツアーは全部で3コース。今回ご紹介する氷見を巡るコースは、みらいエンジンが企画段階から関わり、一緒にプログラムを組んでいます。
 
 
 
 
 
 
 

いずれは富山で暮らしたい

 

でも、今の生活も捨てがたい・・・

 

と、思っているあなたへ

 
 
3/11~12の2日間、移住を考えている人のためのスペシャルカスタマイズツアー「とやま移住旅行」が、氷見にて開催されます!

 
「とやま移住旅行」は、富山への移住を考えつつも、なかなか決心がつかなかったり、これといった決定打がなかったりする方に、ぜひご参加いただきたい旅行です。富山に住んだことのある方の富山へのイメージは、住んでいた当時のまま止まっていることも少なくありません。昔と違う“今”の富山を体感していただきたいと考えています。また、富山に住んでことのない方に対しても、今の富山の雰囲気や活動している人・企業を知っていただくことで、富山に移住した先にある“未来”の自分を思い描くことのできるようなツアーにしたいと考えています。

 

氷見の風土によく合った黒瓦、その奥には日本海が広がります。このまちの中で、きらりと光るお気に入りの場所や気の合う仲間が見つかるかも…!

 
今回の小さな旅行は、参加者や地域の人々とのコミュニケーションを大切にする“対話型ツアー” でもあります。先輩移住者がガイド役として常に側におり、少人数に分かれて行動する時間や、訪れた先でお話をする時間がたっぷりあるツアーです。 移住者や地元の人たちとの交流を通じ、地域の事情や雰囲気、新たな動きなどについてもざっくばらんに語り合いながら、富山の「しごと」と「くらし」を体感しましょう。

 
ツアーは全部で3コース。富山県内の起業家と仕事場を訪ねる【つくる企てる】コース、富山ならではの会社トップと生活者を訪ねる【富山のシゴトとイマ】コース、海・山・里の生産者、まちの商店街を訪ねる【海川山里】コース。いずれのコースも1泊2日のプログラムで、【つくる企てる】と【富山のシゴトとイマ】コースでは県内3~4つの市をめぐりますが、【海川山里】コースは2日間どっぷり氷見をめぐります!滞在場所は氷見のみですが、県内で農林水産業を営んでいる方とみっちりお話できる時間もあります。富山県の農林水産業の“今”と“未来”を体感できる、密度の濃い2日間です。

 

氷見漁港の朝の水揚げの様子。早朝の漁港に行くと、漁師さんや魚を競りに来ている業者さんの威勢のいい声が飛び交う、イキイキした漁港の姿を見ることができます。もちろん、水揚げされたばかりのきっときとな魚もたくさん見れます!

 
氷見に住んでいる県内の農林水産業従事者にたずさわる方々とたくさんの出会いと交流のある、この【海川山里】コース。

 
1日目朝は、富山(富山駅or富山空港)に集合。小型バスで氷見に移動したらまずは、2日間を共に過ごす参加者・案内役のみなさんとの顔合わせ。その後は、さっそく氷見のまちを散策しましょう!ガイド役の先輩移住者と話しながら、氷見のまちなかでランチ。その後は、農家さんや魚屋さん、地元民御用達のスーパーなどをめぐって、夕ごはんの材料調達をします。場所によっては、生業についてのとっても濃いお話を聞けるかも!夜は、県内各地の農林水産業に携わっている方々と一緒に鍋をつつきながら、「しごと」と「くらし」についてのホンネをガッツリお話しちゃいましょう。

 
2日目朝は、地元の方々と一緒に、早朝の氷見さんぽ。運が良ければ、絶景で有名な立山が見えるかも!帰ってきて、朝ごはんを食べた後は、氷見の日常を体感してもらいます。氷見の空き家見学や休日の市役所探訪のほか、氷見ならでは休日の過ごし方も体験していただけます。

 

氷見市内で自然栽培に情熱を注いでいる農家さんのお野菜。氷見には、仕事や趣味に独自の哲学を持っている方が多い気がします。しかも総じて話がおもしろい!話が長いのがたまにキズです(笑)。

 
移住について考えると出てくる不安は、「今の仕事をやめて移住して、いい仕事がなかったらどうしよう」「住む場所以外にも愉快な気持ちになれる場所や、話の合う仲間を見つけられるだろうか」「自然や食や人のよさはわかるけど、教育レベルはどうなんだろう」など様々あると思います。“暮らすイメージ”と、現実に“暮らしを始める”ことの間には、実は大きなギャップがあるのです。

 
家や仕事や協力者を見つけられても、それが自分にぴったりはまっているのかは、少し時間をかけて付き合ってみないとわかりません。だからこそ、理想の暮らしを手に入れるために、自分の求める地域や家、仕事や仲間と、なるべく早く出会っておいた方がよいと思います。

 
今回の旅行は、移住したいと思っている方にも、すでに住んでいる方にとっても、もっともっと心地よくてステキな氷見にするための第一歩かもしれません。私たちみらいエンジンと、もっと楽しい未来をつくりましょう!

 

お魚屋さんの様子。セリで落としてきたばかりの魚を早朝から店頭に並べて、昼頃には閉店するお店も少なくありません。新鮮なお魚を、しかも安く手に入れることができる。魚料理のレパートリーも増やせば、氷見での食生活が一層楽しめます!

 
参加申し込みは3/6まで。
少しでも、なんとなくでも、富山への移住を考えたことのある方は、ぜひ一度ご参加ください。
きっと、富山で暮らすイメージがグッと広がるはずです。

 

【以下、ツアー内容の詳細です】

 
いずれは富山で暮らしたい
でも今の生活も捨てがたい…
…そう思っていらっしゃるあなたへ。

 
       移住者による、未来の移住者のための       
       スペシャルカスタマイズツアーを開催  

———————————————————————-
    【コース1】地域おこし・起業コース
   「つくる・企てる くらし・しごとツアー」
    2017年2月25日(土)~26日(日)
———————————————————————-
    【コース2】企業めぐりコース
   「富山のシゴトとイマ くらし・しごとツアー」
    2017年3月4日(土)~5日(日)
———————————————————————-
    【コース3】地域おこし・農林水産業コース
  「海川山里 くらし・しごとツアー」
   2017年3月11日(土)~12日(日)

      3/11 集合(富山空港9:15、富山駅9:45)
      3/12 解散(富山駅15:30、富山空港16:00)

———————————————————————-
    【各回共通】
     ・各回定員15名
     ・参加費:おひとり10,000円(1泊4食・移動つき)
   ※富山までの旅費交通費は各自ご負担ください。

 
=================================
         現在、富山県内の移住者の総力を挙げて、
         スペシャルコンテンツを企画・調整中!
=================================

 
【お申し込み・詳細は下記ホームページにて】 
ツアー工程なども、Webで随時公開してまいります。

皆で氷見を見にいこう!暮らし体感ツアー絶賛開催中

みらいエンジンでは、氷見のことを「情報として知る」だけに留まらず、その場の空気や、そこで暮らす人々の息づかいをも感じながら、住まい、しごと、コミュニティ、といった人生の大事なエレメントに出会っていただくために、暮らしの体感ツアーを企画&開催しております。
 
「ツアー」と言っても、予め決まったプログラムはありません。移住を考えている方のご要望にあわせて、オーダーメイドで内容を組み立てます。みらいエンジンがスタートしてから、ほんの短い期間ですが、今まで4組の方が参加してくださいました。
 
富山県内で仕事をされている方が、海と山の自然が豊かな場所で暮らしたい。Iターンで富山県に移住してきた方が、山村の古民家で暮らしてみたい。県外からのIターンで移住を検討されている方が、子育てにぴったりな環境に住みたい。など、皆さんの夢や希望は様々なので、私たちからの一方通行な情報や企画は、あまり役に立ちません。
 
そう簡単に、ニーズをパターン化、対応をマニュアル化、できるようなものではありません。本当に「毎回が勉強」だと痛感しました。思わぬ視点のハードルだったり、私たちがノーマークだった情報を必要としていたりと、ニーズの最小公倍数で体験プログラムをつくるなど、やっぱり考えられません!
 

 
来春、中学生になるお子さんのいるご家族から「ハンドボールが出来る中学校に行きたい!」という要望をお聞きしました。なるほど!氷見と言えば「春の全国中学生ハンドボール選手権大会」が有名です。毎年、全国大会で優勝するような学校が市内に複数校あります。ですから、住まいを探すなら、ハンドボールが盛んな中学校の学区で!ということになります。このような時は、県外出身の私たちではお手上げとなります。そこで、教育委員会に一緒に行って、現役の先生に色々と詳しいことを聞いてみました。
 
また、通常の不動産として流通していないような古民家を探している方については、空き家情報バンクに登録されている物件だけでは、それぞれのご希望に対応することができません。古民家を探している方は、ご自身で修繕、リフォームをして住むつもりの場合が多い傾向があります。このような時は、地域の方々に協力をお願いし、すぐに住めない状態であっても、空き家を紹介して頂きました。
 

 
子供たちは、寒くても元気です!これから新しい土地に来て、今までのお友達とも離れ離れになってしまうのに、期待のほうが大きいのでしょうか。私(明石)は、小学生のときに1回、中学生になるときに1回、転校を経験しました。その時の不安は、今でも覚えています。だから、氷見への移住が、これから先の長い人生において、最良のものになれば良いなと願います。
 
他に、暮らしの環境は二の次で、とにかく、創作工房として最適な場所を探しています!という作家さんもいらっしゃいます。この感覚は、アーティストならではのもので、私たちには理解できない世界かもしれません。ですから、移住を考えている方の気持ちに「寄り添う」という姿勢が、とても大事なことであり、益々その思いが強くなります。
 
氷見に移住をお考えの皆さん、少しでも興味がある皆さん、いつも、こうした事を思い、一緒に氷見を体感しています。何でも気軽に、ご相談してください♬