皆で氷見を見にいこう!暮らし体感ツアー絶賛開催中

みらいエンジンでは、氷見のことを「情報として知る」だけに留まらず、その場の空気や、そこで暮らす人々の息づかいをも感じながら、住まい、しごと、コミュニティ、といった人生の大事なエレメントに出会っていただくために、暮らしの体感ツアーを企画&開催しております。
 
「ツアー」と言っても、予め決まったプログラムはありません。移住を考えている方のご要望にあわせて、オーダーメイドで内容を組み立てます。みらいエンジンがスタートしてから、ほんの短い期間ですが、今まで4組の方が参加してくださいました。
 
富山県内で仕事をされている方が、海と山の自然が豊かな場所で暮らしたい。Iターンで富山県に移住してきた方が、山村の古民家で暮らしてみたい。県外からのIターンで移住を検討されている方が、子育てにぴったりな環境に住みたい。など、皆さんの夢や希望は様々なので、私たちからの一方通行な情報や企画は、あまり役に立ちません。
 
そう簡単に、ニーズをパターン化、対応をマニュアル化、できるようなものではありません。本当に「毎回が勉強」だと痛感しました。思わぬ視点のハードルだったり、私たちがノーマークだった情報を必要としていたりと、ニーズの最小公倍数で体験プログラムをつくるなど、やっぱり考えられません!
 

 
来春、中学生になるお子さんのいるご家族から「ハンドボールが出来る中学校に行きたい!」という要望をお聞きしました。なるほど!氷見と言えば「春の全国中学生ハンドボール選手権大会」が有名です。毎年、全国大会で優勝するような学校が市内に複数校あります。ですから、住まいを探すなら、ハンドボールが盛んな中学校の学区で!ということになります。このような時は、県外出身の私たちではお手上げとなります。そこで、教育委員会に一緒に行って、現役の先生に色々と詳しいことを聞いてみました。
 
また、通常の不動産として流通していないような古民家を探している方については、空き家情報バンクに登録されている物件だけでは、それぞれのご希望に対応することができません。古民家を探している方は、ご自身で修繕、リフォームをして住むつもりの場合が多い傾向があります。このような時は、地域の方々に協力をお願いし、すぐに住めない状態であっても、空き家を紹介して頂きました。
 

 
子供たちは、寒くても元気です!これから新しい土地に来て、今までのお友達とも離れ離れになってしまうのに、期待のほうが大きいのでしょうか。私(明石)は、小学生のときに1回、中学生になるときに1回、転校を経験しました。その時の不安は、今でも覚えています。だから、氷見への移住が、これから先の長い人生において、最良のものになれば良いなと願います。
 
他に、暮らしの環境は二の次で、とにかく、創作工房として最適な場所を探しています!という作家さんもいらっしゃいます。この感覚は、アーティストならではのもので、私たちには理解できない世界かもしれません。ですから、移住を考えている方の気持ちに「寄り添う」という姿勢が、とても大事なことであり、益々その思いが強くなります。
 
氷見に移住をお考えの皆さん、少しでも興味がある皆さん、いつも、こうした事を思い、一緒に氷見を体感しています。何でも気軽に、ご相談してください♬